マクサルトで片頭痛対策

片頭痛にはマクサルト

片頭痛

脈打つようにズキンズキンと頭が痛みだす片頭痛。せっかく楽しい時間をすごしていても片頭痛が起きると台無しになりますね。

その片頭痛にはマクサルトという薬が効果的とされているのですが、どのような作用と効果をもたらしてくれるのでしょうか。そして同時に副作用の影響も気になります。ここではマクサルトについて詳しく解説します。

マクサルトの副作用

すぐにでも消えて欲しい片頭痛、その片頭痛に効く即効性の高い薬があれば使ってみたいところですが、効果が高いという事はそれだけ副作用も強いのではないかというのが気になる所です。

本来効果が出て欲しい薬の働きを「主作用」といい、本来の効果が出たものの同時に目的以外の部分に影響が出る事を「副作用」と言います。ほとんどの薬は1つだけではなく複数の作用を持っているため、治療の目的とは違う効果が現れてしまう事があります。

風邪をひいてしまったので治すためにかぜ薬を飲んで体調はよくなったものの、とても眠くなってしまったりする場合がありますが、これはかぜ薬に含まれている抗ヒスタミン薬に、鼻水やくしゃみを抑える主作用以外に眠くなるという副作用の効果があるからです。ではマクサルトの副作用とはどのようなものがあるのでしょうか。

どのような副作用があるのか

副作用数値

国内での臨床試験の結果では274例中51例(18.6%)に副作用が認められました。主な症状としては

傾眠21件(7.7%)
眠りに陥りそうなウトウトした状態

倦怠感8件(2.9%)
心身ともに疲れきったような感じのある状態

めまい6件(2.2%)
頭や体が揺れている、フラフラする状態

口渇5件(1.8%)
喉や口の中が乾き、水分を欲する状態

脱力4件(1.5%)
体の力が抜けてぐったりした状態

悪心3件(1.1%)
腹部の上の方に不快感があり嘔吐したくなる状態

感覚減退3件(1.1%)
熱さや冷たさ、痛みなどの感覚が鈍くなる状態

が報告されています。
また重い副作用としては

アナフィラキシーショック
血圧低下、意識障害を引き起こし命に関わる状態

アナフィラキシー様症状
異物を排除するための抗体が介在しないアナフィラキシー症状

不整脈
脈の打ち方のタイミングが安定しない状態

狭心症
心臓の冠動脈が狭くなった状態

虚血性心疾患様症状(心筋梗塞を含む)
心臓に十分血がいきわたっていない虚血性心疾患のような状態

頻脈(WPW症候群による)
心拍数が増加した状態

てんかん様発作
痙攣などの発作を起こした状態

血管浮腫
血管の変化が原因の腫れや浮腫

中毒性表皮壊死症
全身の皮膚表皮が真皮と分離した状態

呼吸困難
呼吸がしづらくなる状態

失神
脳の血流が一時的に低下することにより引き起こされる意識消失

もし薬を飲み始めて上記のような症状が出た場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

副作用はなぜ起こるのか

症状

薬本来の目的としての働きである作用を「主作用」と言い、本来の目的以外の働きである作用を「副作用」と言います。
風邪薬を飲んだら眠くなってしまう現象や、頭痛薬を飲んだら胃や腸が荒れてしまったというような状態の事を言います。ほとんどの薬は複数の作用を持っているため、治療目的以外の効果が出てしまいます。また体内に取り込んだ薬が代謝される際に出る物質の影響で副作用が起こる場合もあります。

その他、服用した人の免疫異常によって副作用が起こる事もあります。
体には外部から侵入した異物から体を守るために「免疫」という機能が備わっていますが、その免疫機能が正しく働かない場合、卵や小麦粉などその物自体に害はなくても体が異物と認識してしまい、その食物を摂取するとアレルギー性の副作用である湿疹やかぶれを引き起こし、酷いときはアナフィラキシーショックを引き起こしてしまいます。
薬も免疫機能により「異物」と認識されてしまえば、アレルギー性の副作用が起きてしまいます。

副作用を防ぐためには

主作用と副作用は、どちらも薬が持っている性質なので全く副作用の無い薬はありません。
しかし重い副作用の被害にあう確率は交通事故にあう確率と同じようなものなので、必要以上に副作用を怖がる必要はありません。薬の説明書をよく読み、用法や用量を正しく守る事で副作用を防ぐ事が可能です。 自分の体質や持病などを正しく把握し、服用する薬にどんな副作用があるのか、他に飲んでいる薬がある場合はその薬との相性はどうなのかなどをきちんと確認するようにしましょう。

マクサルトの飲み合わせ

以下の薬を使用している場合、マクサルトの作用が強くなってしまうのでマクサルトを服用する事ができません。

エルゴタミン製剤

エルゴタミン誘導体含有製剤
エルゴメトリンマレイン酸塩(エルゴメトリンF)
メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(メテルギン)
ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩(ジヒデルゴット)

エルゴタミン製剤、エルゴタミン誘導体含有製剤は、血管の収縮作用があるため併用してしまうと血圧上昇や血管収縮の作用が強くなる恐れがあるので併用できません。
マクサルト服用後にエルゴタミン製剤、エルゴタミン誘導体含有製剤を服用する場合、もしくはその逆の場合は24時間以上間を空けて服用するようにして下さい。

5-HT1B/1D受容体作動薬

エレトリプタン臭化水素酸塩(レルパックス)
ナラトリプタン塩酸塩(アマージ)
スマトリプタンコハク酸塩(イミグラン)
ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)

5-HT1B/1D受容体作動薬はマクサルトと同じ血管の収縮作用があるため、併用してしまうと血圧上昇や血管収縮の作用が強くなる恐れがあるので併用できません。 マクサルト服用後に5-HT1B/1D受容体作動薬を服用する場合、もしくはその逆の場合は24時間以上間を空けて服用するようにして下さい。

MAO阻害剤

マクサルトは主にMAO-A(モノアミン酸化酵素)によって代謝されるため、併用する事によりマクサルトの代謝が阻害されてしまい、血中濃度が上昇し作用が強くなってしまう可能性があるので併用しないで下さい。またMAO阻害剤は服用を中止しても2週間は影響が残っているので、服用を中止してから2週間以内の方も使用しないで下さい。

プロプラノロール塩酸塩(インデラル)

プロプラノロール塩酸塩の代謝はマクサルトと同じようにMAO-Aが関係しているため、併用する事でマクサルトの代謝が阻害され血液中の濃度が上昇しマクサルトの作用が強くなってしまう可能性があるので併用しないで下さい。
また、プロプラノロール塩酸塩の投薬を中止していても、錠剤では24時間、徐放製剤では48時間経過していない場合はマクサルトを服用しないで下さい。

以下の薬を使用している場合はマクサルトを使用する際に注意が必要です。併用する場合は医師や薬剤師に相談して下さい。

選択的セロトニン再取り込み阻害剤(抗うつ薬)
パロキセチン塩酸塩水和物等、フルボキサミンマレイン酸塩

選択的セロトニン再取り込み阻害剤は再度セロトニンを取り込む事を阻害するため、体内のセロトニン濃度が上昇し、マクサルトと併用する事でセロトニンの作用が強くなり、協調運動障害、反射亢進、脱力感の症状が現れる可能性があるので併用の際は注意して下さい。


セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤
ミルナシプラン塩酸塩

片頭痛治療薬の5-HT1B/1D受容体作動薬とセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤、または選択的セロトニン再取り込み阻害剤との併用で脳内のセロトニン濃度が高いために起こる様々な症状、セロトニン症候群を発症した例が報告されているので、併用の際は注意して下さい。

片頭痛とセロトニン

何らかの事が原因で脳の太い血管が拡張し、一番大きな「三叉神経」が圧迫される事で刺激を受けます。
その三叉神経からは痛みの原因とされている「神経ペプチド」という物質が出され血管の周りに炎症が起こります。

血管の周りに炎症が起きる事でさらに血管が拡張し、ますます回りの三叉神経が刺激されます。この刺激が大脳に伝わると痛みとして認識され、頭痛が起こる事を片頭痛と言います。

脳の血管が拡張する何らかの原因の1つとしてセロトニンの放出があるとされています。ストレスの影響で脳が刺激されると血小板から血管を収縮させるセロトニンが沢山放出され、脳の血管が縮小します。
大量に放出されたセロトニンも時間が経つにつれて分解、排泄されていき減少していきます。そうするとセロトニンにより収縮していた血管が反動で広がるため痛みが起こります。

マクサルトの効果

マクサルトの一般名は、リザトリプタン安息香酸塩です。経口トリプタン系治療剤に属し、アメリカのメルク社が開発したトリプタン片頭痛の急性期の治療として用いられる薬剤の一つに該当します。

片頭痛の原因である脳の血管の拡張の原因とされているセロトニン放出ですが、 その片頭痛に関連しているセロトニンの受容体には2種類あり、1つはセロトニン 受容体5-HT1B で、マクサルトは5-HT1Bに作用する事で拡張した血管を収縮させ、 更にもう1つのセロトニン受容体5-HT1Dにも作用する事で血管に働きかける因子の放出を抑える事に より片頭痛の症状を改善させます。

服用する場合はタイミングが非常に大切です。予防薬ではないので、頭痛が起こる前に飲んでも効果はありません。
最適なのは片頭痛が起こって30分以内の服用とされているので、服用のタイミングが遅すぎても効果を得られません。

タイミングよく服用しても効果を十分に得られないと感じる場合は追加でもう1錠服用できますが、その場合は1錠目を飲んでから2時間以上は経過していなくてはなりません。

そして1日の使用量の上限は20mgとされているので、多くても1日2錠までの服用が限界となります。
マクサルトのジェネリック医薬品としてリザクトというお薬も存在しており、こちらはジェネリック医薬品なのでマクサルトと同一成分ながらも個人輸入を代行してくれる通販サイトで購入すれば安価で入手することが可能です。


マクサルト開発の経緯

手と薬

マクサルトは片頭痛に対してのすばやい効果の発揮を目指して米国メルク社によって開発された経口タイプのトリプタン系片頭痛治療剤です。名前の由来は飛行、登山用語の最高高度、最高到達点を示す言葉「Max Altitude」です。

片頭痛は中等度~重度の痛みが4~72時間続き、音、光に対する過敏、嘔吐、悪心などの症状が出るため日常生活に支障が出る事の多い疾患です。国際頭痛学会の調査結果によると国内の片頭痛患者の数は840万人にも上ると推定されています。

多くの片頭痛持ちの方はその強い症状に悩まさせるだけではなく痛みが出ている期間は仕事や学校を休まざるをえません。これは多大な社会的損失につながるため、片頭痛持ちの方の痛みからの開放と共に効果の高い片頭痛薬の開発が強く望まれました。

マクサルトは米国メルク社によるび臨床試験、非臨床試験の成績により1995年5月に臨床開発に取り掛かり、2003年7月には片頭痛治療薬として承認されました。

マクサルトのようなトリプタン系製剤が発売される前は、片頭痛薬としてエルゴタミン製剤が主流でした。しかし発作が起きてから服用しても効果が無かったり、脳の血管だけではなく全身の血管を収縮させる作用があるため、妊婦、高血圧、心筋梗塞、狭心症の方には使用できなかったり、薬を連続して使用した後に休薬すると激しい頭痛の症状が出るなどとても使いにくい薬だったためトリプタン製剤の発売により切り替えていく形となりました。

トリプタン製剤の種類

トリプタン製剤には5つの種類がありマクサルトの有効成分であるリザトリプタンは4番目に発売された薬です。



トリプタン製剤

販売年 世代 薬剤名 有効成分
2001年 第1世代 イミグラン スマトリプタン
第2世代 ゾーミッグ ゾルミトリプタン
2002年 レルパックス エレトリプタン
2003年 マクサルト リザトリプタン
2004年 第3世代 アマージ ナラトリプタン

トリプタン製剤の中でもマクサルトは薬の吸収が早く、効き目も早いのが特徴です。世界で初めて開発されたトリプタン製剤であるスマトリプタンは油に溶けにくく、脳内移行性があまり良くないため服用しても効果が得られない事がありましたが、マクサルトは油に溶けやすく中枢神経への移行性が高いため、高い効果を期待できます。

服用してから15分で頭痛が改善され45分では片頭痛の症状に伴う吐き気、嘔吐、光や音への過敏反応が消失し、75分後には頭痛自体が消える事が確認されています。
国際頭痛学会によって定められている片頭痛診断基準により、「前兆のある片頭痛」もしくは「前兆のない片頭痛」と確定した方に使用する事が可能となっています。

マクサルトとリザクトの違い

マクサルトとリザクトの違い

マクサルトはトリプタン系薬剤で片頭痛にとても効果のある薬ですが、先発医薬品なので開発に多額の費用がかかっているため販売価格が高めです。しかし後発医薬品(ジェネリック)だとすでに開発された薬を製造するため開発に かかる費用は格段に安くなり、先発医薬品よりも安価な値段で販売されます。

リザクトはマクサルトのジェネリック医薬品なので、有効成分や効果もほぼ同じなのにも関わらずマクサルトよりも安く購入する事ができる薬です。

リザクトは1935年に設立されたインドのムンバイに本社を置き医薬品の製造や販売を行っている製薬会社「シプラ」で製造販売されています。この会社はジェネリック医薬品製薬販売会社として有名で多くのジェネリック医薬品を取り扱っており、市場規模はかなり大きく世界150ヵ国以上に輸出しています。製薬施設も世界中に点在していて許認可機関とされているので、かなり信頼度の高い会社です。

マクサルトを病院で処方された場合は保険適用の金額で購入しても1錠約300円ほどかかり、さらに診察料や処方箋料がかかります。
片頭痛は完治に時間がかかるし、痛みが出た時に薬無しで痛みと戦わなければならないのはとても辛く、いつ頭痛が始まっても良いように、薬はつねに手元に置いておきたい方も多いと思います。
しかし忙しくてなかなか病院へ薬をもらいにいけない方にとっては通院自体が煩わしく、薬だけを手に入れる方法はないだろうかと探される方もいるのではないでしょうか。

個人輸入代行サイトを利用すれば、マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトを1錠約200円で購入する事が可能です。
診察料や処方箋料もかからないし、完治するまでに時間がかかる片頭痛持ちの方にとって薬代を節約する事ができるとても有効な手段になるはずです。

リザクトは即効性が高い

女性

マクサルトやリザクトのようなトリプタン系薬剤は頭痛の症状が起こる前に飲んでも効果がありません。頭痛が始まり、それが片頭痛の痛みだと確信できる「軽度」のうちに服用すると高い効果を得られます。

頭痛が軽度のうちに服用すると15分後くらいには効き始め、1時間後には体内の薬物濃度がピークに達します。このようにとても即効性が高い薬ですが、マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトも同じように高い即効性を示します。

ジェネリック医薬品というとやはり多少の添加物は先発医薬品とは違いがあるので、もしかしたらうまく効果が出ないのではないかと気にされる方もいるかも知れませんが、ほとんどの方がマクサルトとなんら変わりのない効果を得ています。
人によってはマクサルトよりもリザクトの方が体に合うと感じている方もいるくらいなので、自分に合うかどうか1度ためしてみる事をオススメします。

リザクトの方が自分に合うと感じている方達は、マクサルトと同じ効果を得られるのにマクサルトよりも安く購入でき、薬代や病院へ行く手間や診察料、処方箋料を節約できるのでとても喜ばれているようです。
リザクトを服用した体験談もあるのでそちらも参考にして購入を見当して見てください。

頭痛の種類

頭痛

頭が痛い事を頭痛と言いますが、頭痛といっても色々な種類があります。頭痛は大きく3つに分ける事ができ、「毎日起こる頭痛」「慢性的な頭痛」「脳の病気が原因の頭痛」となります。

毎日起こる頭痛

風邪や二日酔いなどが原因で、原因が解消されれば頭痛も自然に治まります。

慢性的な頭痛

頭痛の原因となる病気が無いのに繰り返し頭痛が起こります。「頭痛持ち」と言われる方々が当てはまります。頭痛人口全体の約80%はこの慢性的な頭痛で、タイプとして大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3種類に分けられます。このタイプは頭痛自体も治療の対象となります。

脳の病気が原因の頭痛

脳出血、くも膜下出血などが原因で起こる頭痛です。急に激しい頭痛の症状が現れる場合が多く、命に関わる場合もあるので注意しなくてはいけません。下記のような症状の頭痛に襲われた場合は念のため医療機関を受診して下さい。

・今まで経験したことのない頭痛
・痛みと症状の回数がどんどん増えていく頭痛
・50歳以降に初めてあらわれた頭痛
・神経脱落症状を持っている頭痛
・免疫不全やガンを患っている人の頭痛
・精神症状を持っている人の頭痛
・項部硬直、発熱、髄膜刺激症状を持っている頭痛

毎日起こる頭痛や慢性的な頭痛は、国際頭痛分類によると頭痛自体が病気である一次性頭痛で、脳の病気が原因の頭痛は二次性頭痛と分類されます。頭痛の9割は一次性頭痛で、二次性頭痛は1割ほどとされています。
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛は一次性頭痛に分類されるので、ほっとされる方もいるかも知れませんが、逆に考えるとはっきりとした原因が無い頭痛という事になるので、根本的な治療法が見つからない場合もあるやっかいな頭痛とも捉えられます。
特に片頭痛は日本人の約8%の方が抱えている問題で、男性よりも女性が多いとされており、理由として女性ホルモンも関係しているからだとされています。痛みの特徴としては頭の片側もしくは両側にズキンズキンと脈を打つかのような痛みが起こります。脳内の血管が拡張する事で三叉神経を刺激してしまい、痛みが発生するとされています。

緊張型頭痛は頭全体が締め付けられるような痛みで、肩から首にかけての筋肉が緊張する事で血液の循環が悪くなり痛みを発生させます。

群発頭痛は眼の奥がえぐり取られるような激しい痛みを伴う頭痛が1~2ヵ月ほど集中して毎日起こります。1度症状が出始めると毎日のように同じ時間帯に痛みが起こり、その時間帯が夜中から明け方が多いため睡眠不足にも悩まされます。

片頭痛と群発頭痛は脳の血管の拡張が痛みと関係しているため、その血管の拡張を押さえてくれる効果のあるトリプタン製剤のマクサルトが良く効きます。マクサルトは処方箋が無いと購入できませんが、ジェネリック医薬品であるリザクトなら個人輸入サイトで購入する事が可能です。この機会に片頭痛撃退薬をサイトで購入してみてはいかがでしょうか。

TOP