マクサルトで片頭痛対策

片頭痛にはマクサルト

片頭痛

脈打つようにズキンズキンと頭が痛みだす片頭痛。せっかく楽しい時間をすごしていても片頭痛が起きると台無しになりますね。その片頭痛にはマクサルトという薬が効果的とされているのですが、どのような作用をもたらして効果を発揮するのでしょうか。

片頭痛とセロトニン

片頭痛は何らかの事が原因で脳の太い血管が拡張し、一番大きな「三叉神経」が圧迫される事で刺激を受け、その三叉神経からは痛みの原因とされている「神経ペプチド」という物質が出され血管の周りに炎症が起こり、さらに血管が拡張しますます回りの三叉神経が刺激され、この刺激が大脳に伝わると痛みとして認識され、頭痛が起こる事を言います。

脳の血管が拡張する何らかの原因の1つとしてセロトニンの放出があるとされています。ストレスの影響で脳が刺激されると血小板から血管を収縮させるセロトニンが沢山放出され、脳の血管が縮小します。大量に放出されたセロトニンも時間が経つにつれて分解、排泄されていき減少していきます。そうするとセロトニンにより収縮していた血管が反動で広がるため痛みが起こります。


マクサルトの効果

マクサルトの一般名は、リザトリプタン安息香酸塩です。経口トリプタン系治療剤に属し、アメリカのメルク社が開発したトリプタン片頭痛の急性期の治療として用いられる薬剤の一つに該当します。

片頭痛の原因である脳の血管の拡張の原因とされているセロトニン放出ですが、 その片頭痛に関連しているセロトニンの受容体には2種類あり、1つはセロトニン 受容体5-HT1B で、マクサルトは5-HT1Bに作用する事で拡張した血管を収縮させ、 更にもう1つのセロトニン受容体5-HT1Dにも作用する事で血管に働きかける因子の放出を抑える事に より片頭痛の症状を改善させます。

服用する場合はタイミングが非常に大切です。予防薬ではないので、頭痛が起こる前に飲んでも効果はありません。最適なのは片頭痛が起こって30分以内の服用とされているので、服用のタイミングが遅すぎても効果を得られません。

タイミングよく服用しても効果を十分に得られないと感じる場合は追加でもう1錠服用できますが、その場合は1錠目を飲んでから2時間以上は経過していなくてはなりません。そして1日の使用量の上限は20mgとされているので、多くても1日2錠までの服用が限界となります。

マクサルトのジェネリック医薬品としてリザクトというお薬も存在しており、こちらはジェネリック医薬品なのでマクサルトと同一成分ながらも個人輸入を代行してくれる通販サイトで購入すれば安価で入手することが可能です。


マクサルトとリザクトの違い

マクサルトとリザクトの違い

マクサルトはトリプタン系薬剤で片頭痛にとても効果のある薬ですが、先発医薬品なので開発に多額の費用がかかっているため販売価格が高めです。しかし後発医薬品(ジェネリック)だとすでに開発された薬を製造するため開発に かかる費用は格段に安くなり、先発医薬品よりも安価な値段で販売されます。

リザクトはマクサルトのジェネリック医薬品なので、有効成分や効果もほぼ同じなのにも関わらずマクサルトよりも安く購入する事ができる薬です。

リザクトは1935年に設立されたインドのムンバイに本社を置き医薬品の製造や販売を行っている製薬会社「シプラ」で製造販売されています。この会社はジェネリック医薬品製薬販売会社として有名で多くのジェネリック医薬品を取り扱っており、市場規模はかなり大きく世界150ヵ国以上に輸出しています。製薬施設も世界中に点在していて許認可機関とされているので、かなり信頼度の高い会社です。

マクサルトを病院で処方された場合は保険適用の金額で購入しても1錠約300円ほどかかり、さらに診察料や処方箋料がかかります。

片頭痛は完治に時間がかかるし、痛みが出た時に薬無しで痛みと戦わなければならないのはとても辛く、いつ頭痛が始まっても良いように、薬はつねに手元に置いておきたい方も多いと思います。しかし忙しくてなかなか病院へ薬をもらいにいけない方にとっては通院自体が煩わしく、薬だけを手に入れる方法はないだろうかと探される方もいるのではないでしょうか。

個人輸入代行サイトを利用すれば、マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトを1錠約200円で購入する事が可能です。診察料や処方箋料もかからないし、完治するまでに時間がかかる片頭痛持ちの方にとって薬代を節約する事ができるとても有効な手段になるはずです。


リザクトは即効性が高い

女性

マクサルトやリザクトのようなトリプタン系薬剤は頭痛の症状が起こる前に飲んでも効果がありません。頭痛が始まり、それが片頭痛の痛みだと確信できる「軽度」のうちに服用すると高い効果を得られます。

頭痛が軽度のうちに服用すると15分後くらいには効き始め、1時間後には体内の薬物濃度がピークに達します。このようにとても即効性が高い薬ですが、マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトも同じように高い即効性を示します。

ジェネリック医薬品というとやはり多少の添加物は先発医薬品とは違いがあるので、もしかしたらうまく効果が出ないのではないかと気にされる方もいるかも知れませんが、ほとんどの方がマクサルトとなんら変わりのない効果を得ています。

人によってはマクサルトよりもリザクトの方が体に合うと感じている方もいるくらいなので、自分に合うかどうか1度ためしてみる事をオススメします。

リザクトの方が自分に合うと感じている方達は、マクサルトと同じ効果を得られるのにマクサルトよりも安く購入でき、薬代や病院へ行く手間や診察料、処方箋料を節約できるのでとても喜ばれているようです。

リザクトを服用した体験談もあるのでそちらも参考にして購入を見当して見てください。


リザクトの効果・効能・服用方法

片頭痛にはマクサルト

予防として症状が無い時に飲むのではなく、頭痛の症状が起きた時に飲む薬です。
片頭痛は脳内の血管が拡張し、三叉神経を刺激する事で痛みを感じるとされていますが、トリプタン系製剤であるリザクトはその血管が拡張する原因に直接働きかける事ができます。マクサルトと同じように脳の血管の拡張の原因とされているセロトニンの放出に関連している2つの受容体、5-HT1Bと5-HT1Dに作用する事で痛みを改善させます。
頭痛が来たなと思ったらすぐ服用する事でとてもすばやい効果を得る事ができます。


リザクトの特徴

片頭痛に効果のあるトリプタン系薬剤です。昔はエルゴタミン製剤という脳の血管を収縮させ、血管の拡張を防ぐ効果のある薬が使われていたようですが、今は片頭痛にはトリプタン系薬剤が主流となっています。

脳の血管が拡張し三叉神経を刺激する事で痛みの起こる片頭痛ですが、「広がりすぎた脳の血管を元に戻す」「三叉神経からの神経ペプチドの放出を押さえ込む」「三叉神経が受けた刺激情報を大脳に伝えないようブロックする」この3つの作用をおよぼす事で頭痛の痛みだけではなく、その他の症状の音過敏、光過敏、吐き気、嘔吐などの症状も抑えてくれます。

錠剤タイプ以外に口腔内崩壊錠もあるので、水を用意できない状況でもサッと服用する事ができるため片頭痛持ちの方にとても重宝されています。


薬理

血管の内壁にあるセラトニン受容体へ作用し、拡がった血管を収縮させる事で痛みが和らぎます。
また、三叉神経にも作用するので、血管の周りに起きている炎症の原因となるペプチドの分泌を抑える事ができます。
血管収縮作用のあるお薬になるので、心臓の病気などを持病として持っている方は服用出来ないとされています。


服用の方法

通常は1回の服用を10mgとし、発作時に水と一緒に服用します。
口腔内崩壊錠も同じタイミングでの服用となります。
尚、効果が不十分となるのであれば追加で10mgを1錠を追加することができ、1日の服用の総量は20mgまでとされています。
追加で1錠服用するのであれば、最初の服用から2時間以上を空ける必要があります。

リザクトの副作用

・動悸
・めまい
・眠気
・倦怠感
・吐き気

などがあり、飲み始めではノドに圧迫感が現れることも有ります。
動悸は特に問題無いとされていますが、海外ではこの症状で狭心症や不整脈が起きた方もいるので、特に中高年層の方は注意して下さい。


片頭痛とは

片頭痛とは

頭痛は一次性頭痛・二次性頭痛と2種類のタイプに分けられます。
頭痛には、様々な原因が隠れており、痛みの程度もその原因である病気や体質によって異なることは明白ですが、痛みの閾値や感じ方は人によっても様々で、対処の仕方も個人差があります。

そして、一次性頭痛に関しては具体的な原因がない場合に分類されるカテゴリーです。
原因がない?そう聞くと、放っておけばそのうち治る!と安心してしまう人も少なくありませんが、逆に考えると原因不明と考えられ、根本的な治療が見つからなかったりと、対処に正解がない厄介な頭痛とも捉えられます。片頭痛は、その一次性頭痛に該当します。

その他の頭痛としては、緊張型頭痛、群発頭痛があります。
片頭痛には、前兆を伴うもの、伴わないものに分類され、急性期の治療方法と、予防としての治療方法ではずいぶんと異なってきますのでしっかりとした知識が必要です。

片頭痛は日本人の約8パーセントほどの人が悩んでいると言われ、特に女性が占める割合が大きく、その原因は女性ホルモンが関係していると言われています。
頭の片側、あるいは両側に脈に合わせてズキズキとして痛みが現われ、時には後頭部に発作的に頭痛が起こる事があります。


片頭痛の女性

症状が悪化し深刻化してしまうと、痛みが頭全体に広がり、吐き気または嘔吐してしまうこともあります。
原因は頭の血管が通常に比べて過度に拡張してしまっていることが原因と考えられています。
ストレスなどの精神的な問題が引き金になり、神経物質であるセロトニンが大量に分泌され、太い血管を収縮させてしまいます。
収縮後に過度の血管拡張が起こってしまい、炎症あるいは腫れを伴い頭痛の症状が現われます。
片頭痛は医療機関などの検査によって分かる病気ではなく、いくつかの症状から片頭痛と判断される事が多い病気です。
そのため医療機関で診てもらう際は、現われている症状をより詳しく正確に伝える必要があります。
通常の頭痛や片頭痛だけであれば良いですが、その陰に隠れてくも膜下出血や脳腫瘍など命の危険にかかわる症状が隠れてしまっている場合もあるので、風邪などを引いていないのに、いきなり頭痛がするようになったりした場合は専門機関で検査を行った方が間違いありません。

それぞれ症状の重さは変わってきますが持病として片頭痛を患っている人は、治療の薬としてロキソニンは効果がありません。マクサルトというお薬が効果的で一般的です。
マクサルトとは、頭痛が現われた時に服用する薬であり、拡張しすぎてしまった頭の血管を収縮させたり、血管周りの炎症や腫れを抑えることで、頭痛による痛みを和らげてくれる効果があります。
日本国内では4番目につくられた薬であり、トリプタン系に分類され、脳内のセロトニン受容体に働きかけることで効果が発揮されます。
服用時に起こる主な副作用は、めまいや吐き気、動悸、眠気、倦怠感や身体の痛みなどの症状が現われる場合があります。
また服用してすぐにノドや胸につかえる感じがしたり圧迫感を感じることがあります。


TOP