目の奥に強い痛みを生じる群発頭痛は季節の変わり目だけでなく
アルコールの飲み過ぎなども原因の一つです。

群発頭痛の原因・症状

群発頭痛の原因・症状

頭痛の一種で男性に多く、特徴は目の奥にえぐられる様な痛みを起こすと言われています。 発症する回数が週2回~月1回程度起こる片頭痛や1ヵ月のうちの半分、もしくは毎日起こる緊張型頭痛に比べると少ないので、聞き慣れていない方も多いかも知れません。

また、この病気の由来は「群発地震」からきており、ある期間に入ると集中的に起こる地震になり、この病気も同じ様に季節の変わり目などではじまり、一度おこってしまうと毎日痛みが続く様になります。 期間でいうと大体、1~2ヶ月ほどと言われています。

治まると再び起こるまでには6ヶ月から長い方で2~3年と有る程度の時間を経過すると再び頭痛が起きます。 頭痛が起きている期間を群発期と呼び、この期間以外では頭痛が全く起こりません。 20~40代の男性に多く、女性に比べるとその数は5倍にもなりますが、その理由は明確には分かってません。

症状

・頻度…1~2ヶ月間の集中して起こる
・痛む部位…必ず頭の左右どちらかが痛み、目の奥あたりや上顎から頭へと痛みが拡がっていく
・痛みの強さ…痛みのあまりじっとしていられない、堪え難い苦痛
・経過…同じ時刻に痛みが発生し、明け方に起こる事が多いので強い痛みで目が覚めてしまう
・痛み以外での症状…目が赤く充血したり、涙が出たりする

詳しい原因として群発頭痛はアルコールがトリガーとなっています。
お酒を飲んでから40~60分が経過する頃に痛みが現れ易いと言われています。
また、アルコール類がどんなに好きな方でも"群発期"ではお酒を飲んでしまうとほぼ100%の確率で痛みを起こすので、その期間だけはアルコール類を控える様です。
アルコール類以外にも気圧の変化やタバコなども痛みを誘う原因になります。

群発頭痛の仕組

発症してしまう仕組みは明らかになっていない点が多く、頭部の血管が拡張される事に関係があると考えられています。
目の後ろ辺りを走っている血管が拡張されるので炎症が起きてしまい、目の奥に激痛がおこると言われています。
症状に書いて涙が出るというのは、涙腺などをコントロールしている神経も刺激を受けるので起こるとされます。

予防方法

お薬による治療や生活週間の見直しが治療や予防の方法になり、お薬は医師の指示に従い処方されたものを使いますが、近年ではインターネットの普及により海外医薬品などを通販で入手する人が増えています。
一方の生活週間ですが、アルコールとタバコは控えなければ痛みを起こすので注意してください。
また、趣味で登山する方や出張や旅行で飛行機を使うのであれば、気圧の変化が起きるので医師に相談するなどの対策が必要です。

マクサルト(リザトリプタン)の通販