マクサルトで片頭痛対策

低気圧性片頭痛とは

低気圧性片頭痛

天気が悪くなると決まって体調が悪くなってしまう、頭痛の症状が出始めるといった経験をされた事のある方はけっこういるのではないでしょうか。どんよりと空が曇って直ぐにでも雨が降りそうな時や台風が近づいてきて気圧が不安定になる日。こんな時にズキズキと頭が痛み出す頭痛を「低気圧性片頭痛」と言います

地球を取り巻く空気の事を大気といいますが、水に水圧があるように大気にも大気圧が存在します。この大気の重さが地表面にかかる圧力の事を気圧と言います。地上で生活している生き物は常にこの気圧の影響を受けている事になります。

天気の良い晴れた日では気圧が高く、地上で生活している生き物にも適度な圧力がかかり体の血流がスムーズです。しかし逆にどんよりと曇った空のように天気の悪い日は気圧が低くなり、体にかかる圧力も低下するため血流の流れが滞ります。

低気圧性片頭痛の原因

発生原因

・台風
熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びます。その熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上あり、北西太平洋もしくは南シナ海に存在するものを台風と呼びます。台風が接近する事で気圧が下がり低気圧となります。

・梅雨時期
曇りや雨の日が多くなる春から夏にかけての時期の事を言います。暖かくて湿った空気と冷たくて乾いた空気がぶつかって停滞している梅雨前線の辺りに低気圧が発生しやすくなります。

・蛇行する偏西風
赤道直下のような低緯度の暖かい空気が流れている所と高緯度の冷たい空気が流れている所の境目に偏西風が流れています。この偏西風が蛇行する事により、日本が位置する北半球では低緯度の暖かい空気が北へ行き、高緯度の冷たい空気が南に運ばれて混ざり合い温度を平均化しようとします。この偏西風の蛇行によって低気圧が発生します。

このような気圧の低下によって起こる片頭痛が「低気圧性片頭痛」です。

発症の仕組み

天気の崩れなどによって起こる気圧の低下が影響して引き起こされる低気圧性片頭痛ですが、その発症の仕組みはどのようなものなのでしょうか。

気圧の影響

低気圧になると、地表あたりの気圧が低くなります。そうすると地表近くに住んでいる私たち生き物はその気圧の低さの影響を受けて体にかかる圧力が弱くなります。自分の体の中の圧力は変わらなくても、外からの圧力が低くなる事で圧力全体のバランスに変化が起きます。

例えば密閉されたスナック菓子を標高の高い山に持っていくと、山の上では気圧が低いため持ってきたスナック菓子の袋がぱんぱんに膨らんでしまいます。袋の中の気圧は変わりませんが、外の気圧が低くなる事によって袋の中の気圧の方が高くなるため圧力全体のバランスに変化が起き結果として袋が膨張します。これと同じ現象が私たちの体の中にも起きる事となります。

気圧が変わると私たちの体はその影響を受け、頭蓋骨内部の圧力にも変化が起きます。外の圧力が低くなる事によって体の中の圧力が高くなり、結果として脳の中の血管が拡張し、片頭痛のメカニズムと同じように拡張した血管が三叉神経を圧迫し、神経伝達物質の一種であるセロトニンが大量に放出される事で一旦は血管が収縮しますが、その後代謝によってセロトニンが減るとその反動で血管が急激に拡張し、その影響で痛みが発生し頭痛が起こるという事になります。

酸素濃度の影響

低気圧の日は酸素濃度も低くなります。酸素濃度が低いと体は少しでもたくさんの酸素を送ろうとして脳から指令を出し、血管を拡張させます。その結果、先ほどと同じように脳の血管が拡張する事で頭痛を引き起こします。

通常、1気圧(=1013ヘクトパスカル)の場合は酸素濃度が21%ですが、気圧が10ヘクトパスカル下がると酸素濃度は1%低くなります。空気中の酸素濃度が18%以下の状態が続くと頭痛の症状を感じる人が多くなるとされています。

湿度の影響

梅雨の時期は気圧の低い状態が続くうえに湿度も高くジメジメした不快な時期です。湿度が高いと皮膚の表面からあまり水分が蒸発しなくなるため代謝が悪くなり、むくみを発生させます。それが頭部で起こると神経を圧迫してしまい頭痛が起こります。

温度差の影響

クーラーなどが効いた涼しい部屋から暑い屋外へ出たり、逆に暑い屋外からクーラーの効いた部屋に入った場合はその温度差で血管が急激に収縮したり拡張したりします。この急激な変化により血管の収縮期と拡張期の差が大きすぎるため周囲の神経を刺激し痛みが出てしまいます。

基本的な治療法

低気圧の影響をうけて頭痛が発生する低気圧性片頭痛。症状を軽くするためにはどのような方法があるのでしょうか。

頭を冷やす

気圧が低くなったり、酸素濃度が低くなったために起こる頭痛は脳の中の血管が拡張する事で痛みが発生するので、外から冷やし血管の拡張を押さえる事で痛みを緩和させる事ができます。アイスノンなどで患部や首筋を冷やしてみましょう。

汗をかく

湿度が高いために体の表面から水分を蒸発される事ができなくてむくみを起こし、それが原因で頭痛が起きている場合は体内の水分を体の外へ出す必要があるので軽い運動や入浴で汗をかくことをオススメします。片頭痛は体を動かしすぎたり温めすぎたりすると症状が悪化する事があるので自分の体の様子を見ながら調整しましょう。

温度差を小さくする

クーラーの効いた部屋から暑い屋外へ出る場合、かなり暑いと感じると思います。逆に暑い屋外からクーラーの効いた部屋へ入った場合はかなり涼しく感じると思います。寒い場所から暑い場所へ移動した場合は血管が拡張し、暑い場所から寒い場所へ移動した場合は血管が縮小します。

この差が大きいと痛みが発生してしまうので温度差を感じなくする工夫が必要です。部屋の温度を高めに設定する事も良いですが、温度自体を調整する事ができない状況も多くあるはずなので涼しい部屋に入る時は服を一枚はおり、暑い屋外へ出る場合は脱ぐというはおり物で調整する事をオススメします。

カフェインを摂取する

カフェインには拡張した脳の中の血管を収縮させてくれる効果があります。コーヒーや紅茶など好きな方を選んでゆったりとリラックスしながら飲んでみてはいかがでしょうか。片頭痛が起きた時にはコーヒーにたっぷりとミルクやお砂糖を入れて飲むと痛みが改善するという方もいるので自分に合った飲み方を探してみるのも良い方法といえます。

薬の助けを借りる

色々な手段をためしてみたけれどやっぱり思ったほど改善しないという場合は薬の助けを借りるのも1つの方法です。

薬には薬局やドラッグストアなどで気軽に買える薬と、病院に処方箋を出してもらえないと買えない薬があります。薬局やドラッグストアで手に入る薬だと片頭痛に効果のある物は、アセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンなどが主成分の薬となります。

商品名で言うと「ノーシン」、「ケロリン」、「バファリンA」、「ナロンエース」や「イブA」「ロキソニンS」などがこれにあたります。

低気圧性片頭痛に限っては、「乗り物酔い止め」の薬が効くという説もあります。日本で市販されている酔い止めには抗ヒスタミン薬が含まれており、この成分には自律神経を落ち着かせ、内耳の調子を整えるため、気圧の影響で起きる片頭痛に効果があるとされています。

服用するタイミングは天気が悪くなる前が良いようなので天気が悪くなる前に頭痛の予兆が現れた場合は試してみるのも良いかも知れません。

市販の薬を試してみても効果がなかった場合は病院からもらう薬に頼る事となりますが、ただでさえ調子の悪い時に病院へ行くために外出する気になれないという方もいるのではないでしょうか。

病院から処方されている薬と同じような効果を得られる薬がネットで気軽に購入する事ができます。個人輸入代行サイトを利用する方法です。国内の通販を利用するのと同じような感覚で注文できます。サイト内で購入したい薬を選択し、買い物カゴの中に入れ購入手続きのボタンを押し、住所や名前、支払い方法を選択すればOKです。

この機会に片頭痛に効果的なマクサルトという薬のジェネリック医薬品リザクトの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。リザクトが快適な生活へのサポートをしてくれます。

リザクトの購入はコチラ

※リンク先はマクサルト・ジェネリックです

TOP