マクサルトで片頭痛対策

労作性頭痛

労作性頭痛

健康のためにマラソンをしたり、体型を維持するためにジムに通って運動したりする方も多いと思いますが、運動した際に頭痛に襲われたという事はないでしょうか。実はあまり知られていませんが、運動がきっかけとなって起こる頭痛があります。それが「労作性頭痛(ろうさせいずつう)」と呼ばれる頭痛です。

運動したり筋トレをすると急に頭痛やめまいがおこるという経験をしている方は意外に多いようです。人によっては運動をした後に頭痛を感じる方もいます。痛みがすぐに治まる方もいれば、半日~1日かかる場合もあります。定義としては「運動によって誘発される頭痛」とされています。

どんな運動でもその運動の後に頭痛が起きた場合は労作性頭痛とされますが、運動によって症状が出やすいものがあるようです。代表的なものとしては「重量上げ」「サッカー」「短距離走」などがあり、運動量が多く一気に血圧が上がる競技が当てはまるようです。

このような運動や重いものを持つというような動作で起こる頭痛を「良性労作性頭痛」とも言い、くしゃみをしたり咳き込んだりする事がきっかけで起こるタイプの頭痛「良性咳嗽(がいそう)性頭痛」とは分けられて考えられています。

発症の仕組み

労作性頭痛は運動が原因で起こる事は間違いありませんが、生理学的な要因ははっきりしていません。しかし原因としては次のような事が考えられるとされています。

血管の拡張

片頭痛と同じメカニズムで、脳の中の血管が拡張する事により神経を刺激して痛みが発生するというものです。特に慣れない運動などを行うと体が酸欠にならないように血液の量を増やそうとします。筋トレをすると筋肉がたくさんの酸素を必要とするため脳へ送られる分の酸素が少なくなります。脳は人間の体の中で一番酸素を消費する場所なので、酸素不足になると動脈が拡張し、頭の中の血管も拡張してしまい痛みが発生するというものです。

また運動をしている間はたくさんの汗をかくため水分の補給をしっかりと行わないと体内の水分量が少なくなってしまいます。体内の水分量が減ると血液の濃度が高くなってしまうため血流が悪くなります。
血流が悪くなると体は改善するために血管を拡張して流れを良くしようとするため、血管が拡張する事で神経を刺激し頭痛が発生してしまいます。

片頭痛の原因や症状

髄液の圧の上昇

髄液とは脳の中を満たしている液体の事です。この髄液により脳や神経は守られています。体に力を入れたり、強く踏ん張ったりすると頭に血が上るような感覚を経験した事があるのではないでしょうか。その場合は実際に脳の中での髄液の圧が高まっているとされています。

重量挙げの選手が力を入れた場合に起こる頭痛がこのメカニズムではないかと考えられており、「重量挙げ頭痛」と呼ばれているそうです。

基本的な治療法

運動をするたびに頭痛が発生してしまうのは困りものです。改善する方法はあるのでしょうか。

こまめな水分補給

体内の水分量が不足しても頭痛が発生するので、運動時の水分補給はマメに行うようにしましょう。体内の水分量が一定に保たれている状態が理想的です。1時間で500mlの水分を補給すればバランスの良い状態が保たれるので目安にすると良いでしょう。

鎮痛剤を服用しておく

運動後に必ず頭痛が発生するようなら、運動の前に事前に鎮痛剤を服用する事で症状を抑える事が可能です。市販の鎮痛剤でも良いですが、医師に処方してもらえればなお良い効果が期待できます。

脳の中の血管が拡張する事により神経を刺激して痛みが発生するのを抑えてくれます。

片頭痛にはマクサルト

※片頭痛薬マクサルトの詳細

首や肩の筋肉が緊張しておこる頭痛の症状にとても効果的な鎮痛剤です。

ロキソニンの効果

※鎮痛剤ロキソニンの詳細

息を止めない

筋トレの最中などに息を止めてしまうと血圧が上がり、頭に血が上りやすくなってしまいます。血管が拡張したり髄液の圧が上昇してしまう事が頭痛の原因となるので息は止めないようにして下さい。自分では呼吸しているつもりでも無意識に息を止めている場合があるので注意して下さい。

数日間運動を休んでみる

プロのアスリートなら数日間運動を休む事は難しいはずですが、健康のために運動を行っている方でしたら数日間休んでみてください。その間に症状が改善される場合があります。

また、毎回同じトレーニングをする度に頭痛が起こる場合はそのメニューだけ外してみるのも1つの方法です。

改善するための上記の方法を色々ためしても頭痛が治まらなかったり、その他何か気になる症状があるようならきちんと医療機関を受診して脳の中を見てもらう事も大切です。

労作性頭痛はその症状からクモ膜下出血と区別できない事があるようなので、重大な病気が隠れていないか不安な場合や症状が怪しい場合は我慢せず医師の診断を受けましょう。

TOP