片頭痛に効果のあるマクサルトのジェネリック医薬品は
個人輸入代行サイトを利用すれば安く購入できます。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品と聞いて思い浮かぶ事は「安価」「新薬と同じ成分で同じ効果」ということでしょう。
新薬と変わらない効果を持っていながらも更に価格が安いのであれば、それを治療に使わない手はありませんよね。

国も医療費の削減を目的にジェネリック医薬品は推奨しているので、「安くて効果が変わらない」をアピールしており、製造している製薬会社もこぞって製造を行っています。
これだけ見ていると利点ずくめの良い薬という印象になりますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

ジェネリック医薬品が作られるまで

例えば、片頭痛薬のマクサルトが誕生すると、これは新薬として扱われます。
新薬が誕生するまでには、れなりの長い期間が必要で、そこに掛かるコストは莫大です。
人件費や開発費用など、時には何百億という巨額の費用を投資して製造されています。
そのため、新しい薬の開発が行えるのは大手の医薬品メーカーのみと限られた会社でしか製造できません。
開発された薬が承認されると、その薬には特許という権利が付きます。
これには


・物質

・用途

・製剤

・製法

の4種類があり、この権利が約10~15年で外れるのでその後に他の製薬会社から作られる薬がリザクトなどのジェネリック医薬品になります。

良いことずくめとは限らない

ジェネリックの利点としては安いことですが、単に使用する方の負担が減るというのみではありません。
上記で記載した様に新薬開発までには巨額の費用がかかっています。
それを回収する為に特許という権利が付いているのです。
「利益のためか」と思うかも知れませんが、巨額の費用を動かせるのは大手の製薬会社だけなのです。
この事から安いという理由でジェネリックばかりが使用される様になってしまうと費用が回収出来ず、次に開発される新しい薬が製造できなくなってしまう可能性が出てきます。
先ほど、例に出した片頭痛薬のリザクトで考えてみると、これは対症療法薬といって痛みを抑えるだけで片頭痛を完治させられる薬ではありません。
もし、これが痛みも取れて片頭痛の原因までも治療できる薬が開発されたらどうですか?
辛い痛みに耐える必要も無くなり、快適な日常生活を送れる様になりますよね。
他の薬にも言えることがですが、常に新しい薬が出来ることでそれまで治療できなかった病気が治療出来る様になる可能性が有るので、ジェネリック医薬品ばかりを使えば、そういった特効薬が誕生する可能性も低くなってしまいます。
また、新薬は常に開発が行われています。
「安い薬で医療費を下げる」と目先のことだけを考えれば良い事ばかりですが、長い目でみて「更に良い薬が誕生する」と考えてみれば、開発が遅れる事は決して良い事ではないはずです。

マクサルト(リザトリプタン)の通販