緊張型頭痛は締め付けられるような痛みが続きます。
その原因は精神的、身体的なストレスと言われています。

緊張型頭痛の原因・症状

緊張型頭痛の原因・症状

頭痛って起こると不快ですし、人によっては苦痛ですよね。
一言で頭痛といっても色々な症状があります。
その中でも特に多いのが、この「緊張型頭痛」です。 慢性の頭痛でもあり、からだとこころのストレスが積み重なってしまう事で起こると言われています。

緊張型頭痛は一次性頭痛に該当します。片頭痛も同じ分類ですが、片頭痛の症状が 脈を打つかのように頭がズキンズキンと痛み、時に吐き気や肩こりなどの症状も出る事があるのに対し、緊張型頭痛の症状は「きついヘルメットを被っているよう」と表現されるように、頭の周りが何かでキツく締め付けられる様な鈍い痛みが30分くらい続き、ひどい人では1週間続くとされています。

症状

・毎日、頭に痛みが起こる
・頭全体あるいは後頭部や首筋に起こる
・痛みの程度にもよりますが、日常生活は何とか送れる
・めまいを起こしたり、首や肩に"コリ"も起こる

片頭痛の男性

詳しい原因としては身体のストレスが上げらます。
例としては、長時間に渡りパソコンを使用したデスクワークや車の運転、自分に合っていない枕での睡眠などが上げられます。
不自然な姿勢を継続してしまう事で血行が悪くなり身体が冷えやすくなったり、筋肉が緊張を起こしてしまいます。
こういった状態が続いてしまうと、筋肉が硬くなるので頭痛が起こりやすくなると言われています。

他にも運動不足などでも頭痛は起こると考えられています。

緊張型頭痛の仕組

上にも書きましたが、首や肩あるいは頭の筋肉が緊張する事で痛みが起こります。
筋肉が緊張してしまうと

・血行が悪くなる
・冷えを起こす
・筋肉組織内に老廃物が溜まる

といった現象が起き、それらが神経を刺激してしまう様になるので締め付けられた様な痛みが頭に起こってしまいます。
こういった事が毎日のように起こると脳が痛みを操作する事が出来なくなってしまい、筋肉が緊張していない状態でも頭痛が起きてしまう様になります。

予防方法

心身ともにストレスを解消する事が予防の鍵です。
仕事などで同じ姿勢を継続するのであれば一定の時間でからだを伸ばすなどしたり、時間のある時に運動したり、とにかく同じ姿勢を続けない事を心掛けてみて下さい。
また、休みの日には日中にのんびり過ごしてみるのも1つです。
自分に負担を掛けすぎない事が重要になります。
脳の血管が拡張する事によって痛みが起こる片頭痛にロキソニンは効きませんが、緊張型頭痛にはとても有効です。時には薬の助けを借りるのも1つの手段です。

マクサルト(リザトリプタン)の通販