マクサルトで片頭痛対策

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛

頭痛には色々な症状があります。大きく分けると緊張型頭痛と片頭痛の2つに分類できます。 慢性的に起こる頭痛の中で一番多いのがこの「緊張型頭痛」とされています。

現れる症状としてははちまきか何かで頭全体をきつく締め付けているかのような鈍い痛みが短くて30分、長くて7日間ほど続きます。首、肩の筋肉の強いコリ、ふらつきやめまい、全身倦怠感を伴う場合もあります。症状が現れる年齢層としては子供から年寄りまでと幅広く、ときどき症状が出る反復性緊張型頭痛と毎日症状が出る慢性緊張型頭痛があります。

緊張型頭痛は首や肩の筋肉が緊張し血管が縮まる事でおこる頭痛ですが、片頭痛はそれとは逆に脳の血管が広がる事で三叉神経を刺激し痛みが出る頭痛です。緊張型頭痛がリラックスする事で症状が改善するのに対し、片頭痛はリラックスして緊張から解き放たれると症状が悪化する頭痛です。

原因

緊張型頭痛はは身体的なストレスと精神的なストレスが複数重なる事によって症状が出ると考えられています。
身体的なストレスで例をあげると、上半身を前かがみの姿勢のまま長時間パソコンを操作する、普段からうつむき加減な姿勢での生活、車の長時間運転、合わない枕の使用などの不自然な姿勢、そして体の冷えがあります。
これらの状態が長く続くと肩から首筋にかけての筋肉が縮まり凝った状態になり、頭痛の症状が現れます。

精神的なストレスで言うと家庭内のトラブルや仕事でのトラブルなどがこれにあたり、この精神的なストレスの影響で神経や筋肉の緊張が高まり、頭痛の症状が現れます。

緊張型頭痛の仕組

群発頭痛の原因・症状

緊張型頭痛は背中や肩、首、頭の筋肉が緊張する事で症状が現れます。筋肉の緊張の影響で血流が悪くなり、乳酸、ピルビン酸等の不要な物質が溜まる事で周辺の神経を刺激し、何かできつく閉めているかのような痛みが起こります。

筋肉の緊張がなくても精神的ストレスによって症状が引き起こされる事もあります。精神的ストレスによって神経が毎日緊張していると、脳の「痛みをコントロールする機能」が正しく作動しなくなってしまい、体の筋肉の緊張がなくても頭痛の症状が現れるようになってしまいます。

予防方法

同じ姿勢を長時間とらない

姿勢を正すようにし、長時間同じ姿勢で作業するのを避けましょう。

肩、首の血行を良くする

首、肩の筋肉が緊張しているなと感じたら簡単なストレッチをして緊張を取りましょう。

ストレッチ方法

・両肩を上げて落とす
両肩に力を入れて上に上げ、次に力を抜いてストンと肩を下に落とします。あまり力を入れすぎずないように自然な状態で10~20回ほど行います。

・左右に首を曲げる
左手を頭の上に乗せて、右肩の力を抜きながら左側にゆっくりと首を曲げます。反対側も同様に、左右5~10回程度行います。

・イスに座って前屈
椅子に浅く腰掛け、足を前に伸ばし、両肩の力を抜きながら首を前にゆっくりと曲げます。これを5~10回程度行います。

枕の高さ調整

高すぎたり柔らか過ぎたりする枕は首に負担をかけ、いつのまにか首の筋肉の緊張を引き起こしてしまいます。高すぎず柔らか過ぎず自分にあった枕を使いましょう。

対処方法

温める事でコリをほぐす

蒸しタオルや半身浴などで体を温め、ストレッチやマッサージなどで筋肉の緊張を緩め、血行を良くする事で症状の改善を図ります。

気分転換

頭痛の症状が出はじめたら心身にストレスをあたえる元になっている事を中断し、一旦その場を離れるなどして早めに気分転換を行いましょう。

緊張型頭痛は生活習慣を見直して改善するだけで良くなる事も珍しい事ではありません。それに比べて片頭痛は生活習慣の改善だけでは症状の改善が難しい事もあるので、その場合は薬の力を借りる事も大切です。

緊張型頭痛には鎮痛剤のロキソニンが効きますが、片頭痛には効果がありません。片頭痛は緊張型頭痛と違って脳の血管が広がり三叉神経を刺激するために痛みが起こるので、血管の拡張と三叉神経の両方に作用する事のできるトリプタン系薬剤のマクサルトという薬がオススメです。痛みはじめてからすぐのタイミングで服用するととても効果を得られます。

TOP