片頭痛は男性よりも女性に症状がでやすい病気ですが、
それは女性ホルモンとも関係があるからです。

片頭痛と月経の関係

片頭痛と月経の関係

女性に多いと言われる片頭痛ですが、理由としては女性の生理に深く関係していると言われています。
実際、どの様に関係しているのかを解説していきます。

片頭痛と生理の周期

片頭痛の半数が女性とも言われているくらいで、生理開始の2日前から生理の3日目までが頭痛が起きやすい方が多いと言われています。
その為、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が関係しているとされます。
排卵日や生理開始の時に特に急激に分泌量が低下するとされています。
このホルモンの変化が痛みに大きな影響しているとされます。
なので、このホルモンの変動が少ないとされる妊娠中は片頭痛の発作は起こりにくいとされ、出産すると生理が元の周期になるので片頭痛が起きると言われています。

月経関連片頭痛

排卵日や生理開始の3日目までに起きる片頭痛を「月経関連片頭痛」といいます。
他の時期で起きる頭痛に比べて

・痛みが強い
・痛みの持続する時間が長い
・再発しやすい

などの特徴があり、痛みを抑えるドラッグストアなどで買える鎮痛剤では十分な効果は得れない方も多いです。
生理は月に1回起きるものなので、毎月起こる可能性があるので痛みが無い期間でも女性が不安な気分に陥りやすいと言われています。
また、痛みが強いので市販薬の鎮痛剤を使用していると効きが悪いことから使用過多になってしまい、「薬物乱用頭痛」になる事があるので、医師達が推奨しているトリプタン系の鎮痛剤の処方を受けることがオススメです。

ピルとの関係

ピルとの関係

避妊以外にも生理不順や生理痛を改善できるライフデザインドラッグでもあるピルの服用は片頭痛を起こしやすいとも言われています。
ピルの中にはエストロゲンが含まれているので、ピルの服用期間である21日後の7日間の休薬の期間でエストロゲンが低下するので服用を止めている7日間で生じるとされます。
片頭痛を持っている女性はピルの服用が出来ない事もあるので医師に相談して判断を仰ぐ必要が有ります。

生理以外で片頭痛を招くもの

・睡眠不足や睡眠過多
・天気の変化
・絶食
・特定の食べ物

などがきっかけとなって痛みが起きる場合も有ります。
特に女性は体型維持に気を使うあまりに無理なダイエットを行う方がいますが、何も食べない事で発作を起こしやすくさせるので絶食は控えた方が良いとされています。
場合によっては日常生活へ支障を来すほどの痛みとなる事もあるので注意が必要です。