マクサルトで片頭痛対策

片頭痛と生理の関係

片頭痛と月経の関係

普段から片頭痛に悩んでいるけど、生理期間中は普段よりも更に片頭痛の症状が悪化し、生理痛と片頭痛の症状が重なる事でかなり辛い思いをした事はないでしょうか。
なぜ生理のタイミングと痛みの症状が出るタイミングが同じなのかというと、女性ホルモンの分泌量と深い関係があるからです。

片頭痛とは脳内の血管が広がる事で三叉神経という太い神経を刺激し、刺激された三叉神経が痛みの原因「神経ペプチド」を出しその物質の影響で周辺の血管に炎症が発生する事で頭痛の痛みが発生します。
この「神経ペプチド」の中に含まれているセロトニンはセロトニン受容体に影響する事で脳の中の血管を収縮させます。しかし時間の経過と共にセロトニンが体内から代謝される事で減少していくと一旦は収縮していた脳の中の血管が再び拡張し、頭痛の症状を発生させます。

この片頭痛の原因物質とされている「セロトニン」は、女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」に影響され、エストロゲンが減少するとセロトニンも減少します。セロトニンが減ることで「血管を縮小させる」機能が弱くなり、結果として脳内の血管が広がってしまい、頭痛の痛みが発生するというわけです。
「エストロゲン」は生理の初日や排卵日あたりに急激に低くなります。その影響で特に生理開始日から生理4日目までに頭痛の症状が出やすいため生理中に片頭痛の症状が重なりがちになってしまいます。

月経関連片頭痛

このエストロゲンとセロトニンが関係して起こる生理中の片頭痛を「月経関連片頭痛」と言います。この月経関連片頭痛は、通常よりも痛みが強く、痛みの持続時間も長いうえに再発しやすいため、市販の鎮痛剤ではあまり効果が期待できないようです。
毎月生理のたびに月経関連片頭痛の痛みを恐れて不安な気持ちで過ごすよりは片頭痛に良く効くトリプタン製剤を服用する事をオススメします。

月経関連片頭痛も、普通の片頭痛のようにトリプタン製剤のマクサルトが良く効きます。どちらも痛みが起こる仕組みが同じだからです。マクサルトは医師の処方箋が無いと購入できませんが、後発医薬品であるジェネリックのリザクトなら個人輸入サイトを利用すれば通販で購入する事が可能です。
いざ頭痛が起こった時にこの薬が手元にあればとても心強いはずです。この機会に通販で片頭痛撃退薬リザクトの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ピルとの関係

ピルとの関係

避妊や生理痛を改善するためにピル(経口避妊薬)を使用している方もいると思いますが、実はピルを服用する事で片頭痛の症状を引き起こしている場合があります。
ピルの中には女性ホルモンである「エストロゲン」が入っているため、ピルを服用している21日間の間は安定していますが、休薬期間である7日間の間にはエストロゲンの血中濃度が下がってしまうため頭痛の症状が起こってしまいます。

また片頭痛には頭痛の痛みが発生するまえにキラキラした光が見えたりする「前兆がある片頭痛」と、前兆が全く無い「前兆の無い片頭痛」があります。前兆がある片頭痛の方はピルを服用する事で脳梗塞を引き起こす可能性があるので、服用する前に必ず医師へ相談して下さい。

片頭痛と女性の一生

女性は女性ホルモンの影響で片頭痛の問題を抱えやすい傾向にあります。同じような痛みに見えても、子供から大人へとライフステージが進んで行くにつれ片頭痛の内容は変わっていきます。
ここでは片頭痛の症状を抱えている女性がたどりやすい症状に関する変化を紹介します。

初潮~14歳頃

月経周期に関係した片頭痛の症状が出始めます。初潮を迎える12歳頃から発作が増え始め、14歳頃には頭痛の症状が一度かなり悪化します。これは月経周期に関係する片頭痛だけではなく、友人関係や高校受験などのストレスが関わってくるためです。メンタル面の病気に気をくばりながら片頭痛の治療に当たるのが大切です。

学生時代~社会人

魔の14歳を通り過ぎ、18歳頃になると片頭痛の症状は一旦落ち着きを見せます。学生時代は月経関連片頭痛が主となり、それ以外の発作はあまり起きません。しかし学校を卒業し、社会人になるとまた悪化します。月経関連片頭痛に加え、生活のリズムの乱れ、ストレスが要因となる発作がプラスされ、仕事も休めないからと鎮痛剤を頻繁に飲むようになります。その結果鎮痛剤を乱用する事で起こる薬物乱用片頭痛の症状が増えていきます。

20代後半~40代前半

結婚すると自分の事だけではなく家族の面倒も見なくてはいけません。家事の量も増えるので片頭痛の原因となる物事が増えます。しかし妊娠すると女性ホルモンの分泌量が安定するため片頭痛の症状が減り、全く症状が起きなくなる人もいてつかの間の平穏が訪れます。

しかし出産後は授乳のために安定した睡眠時間が取れず、妊娠中に安定していた女性ホルモンの分泌量もまた不安定な状態に戻るため頭痛の症状が再発して悪化します。
子育て中は帰宅の遅い旦那に合わせて夜遅くまで起きたり、お弁当作りや行事への参加のために早起きをしなくてはならなかったりと忙しくなるため睡眠不足になりやすいです。更に月経関連片頭痛も悪化しやすい年代なので頭痛の頻度がかなり増加してしまいます。

片頭痛の痛みの最中は音や光など外の刺激も苦痛に感じるため、いつもは可愛く感じる子供の声すら苦痛に感じる事もあります。そんな風に感じる自分を責めたり追い詰めたりする危険性もあるので、片頭痛の発作が起こる回数を減らす事が大切です。

更年期~閉経

閉経の時期を迎えると片頭痛の症状は次第に減少していきます。しかし普段から鎮痛剤を使い続けたまま更年期にさしかかるともともとは片頭痛の合併症だっためまいや肩こり、不眠などの症状が継続するようになってしまいます。
頭痛の痛みも弱いものの、連日症状が出るようになり、時には朝から痛み出したりします。これはもともと片頭痛の症状に伴って起こる随伴症状の方が、本来の症状よりも目立ってしまった状態です。

片頭痛持ちの女性は閉経を迎えるまで頭痛の症状との長い付き合いになりそうですが、普段の生活に片頭痛が起こりにくくなるような運動や食生活を取り入れつつ、発作がやってきてしまった場合には片頭痛によく効くトリプタン製剤を使用するなど、バランス良く薬と付き合う事をオススメします。 トリプタン製剤のマクサルトは医師の処方箋がないと購入できませんが、ジェネリック医薬品であるマクサルトなら通販で購入する事ができます。
個人輸入サイトを利用する形になりますが、国内の通販を利用するような手軽さで購入する事ができるので、いざという時のために片頭痛撃退薬リザクトを手元に置いておくのも良い選択ではないでしょうか。

TOP