マクサルトで片頭痛対策

効果のメカニズム

注意点

片頭痛は何らかの原因により脳の中にある太い血管が広がり、その事により脳の中の一番大きな神経「三叉神経」が圧迫されます。圧迫された三叉神経は痛みの元になる「神経ペプチド」という物質を出しその物質の影響で血管の周辺に炎症が発生し、ますます血管が広がり周辺の三叉神経を刺激する事で大脳に痛みとして伝わり、頭痛が発生します。

「神経ペプチド」は脳の刺激を伝える物質で、一種のホルモンが関係しておりセロトニン、メラトニン、グルタミン酸、ヒスタミン、ドパミン、オレキシン、カルシトニン関連ペプチドなどがあります。

神経ペプチドの一種であるセロトニンは片頭痛の元になる物質とされていて、セロトニン受容体に影響する事でその効果が現れます。セロトニン受容体には多くの種類が存在しますが、5-HT1B受容体と5-HT1D受容体が特に脳の血管に関係しており、5-HT1B受容体は血管の収縮作用、5-HT1D受容体は血管を広げさせる物質の放出を抑える作用があります。セロトニンがこの2つの受容体に作用する事で脳の中の血管が収縮しますが、セロトニンが時間の経過と共に代謝される事で減少していくと、一度は収縮していた血管が逆に拡張するため頭痛が発生します。

このような作用で起きる片頭痛ですが、この片頭痛に対してよく効くマクサルトはトリプタン製剤に分類されている薬で、セロトニンと同じように5-HT1B受容体と5-HT1D受容体に影響を及ぼす事で片頭痛の原因である血管の拡張を元に戻し、頭痛の症状に付随する吐き気、嘔吐、光過敏、音過敏などの症状も軽くしてくれます。

ジェネリック医薬品リザクト

リザクト10

マクサルトと同じ有効成分で作られていて同じ効果を得る事のできるジェネリック医薬品があります。それがリザクトです。

マクサルトと同じようにトリプタン系製剤であるリザクトはその血管が拡張する原因に直接働きかける事ができます。脳の血管の拡張の原因とされているセロトニンの放出に関連している2つの受容体、5-HT1Bと5-HT1Dに作用する事で痛みを改善させます。
頭痛が来たなと思ったらすぐ服用する事でとてもすばやい効果を得る事ができます。

リザクトの特徴

片頭痛に効果のあるトリプタン系薬剤です。昔はエルゴタミン製剤という体全体の血管を収縮させる効果のある薬が使われていたようですが、今は脳内の血管だけを収縮させる効果のあるトリプタン系薬剤が主流となっています。

脳の血管が拡張し三叉神経を刺激する事で痛みの起こる片頭痛ですが、「広がりすぎた脳の血管を元に戻す」「三叉神経からの神経ペプチドの放出を押さえ込む」「三叉神経が受けた刺激情報を大脳に伝えないようブロックする」この3つの作用をおよぼす事で頭痛の痛みだけではなく、その他の症状の音過敏、光過敏、吐き気、嘔吐などの症状も抑えてくれます。

錠剤タイプ以外に口腔内崩壊錠もあるので、水を用意できない状況でもサッと服用する事ができるため片頭痛持ちの方にとても重宝されています。

リザクトの薬理

片頭痛は脳の拡張が原因とされていますが、その血管を拡張する原因がセロトニン放出です。片頭痛に関係しているセロトニン受容体は2種類あり、セロトニン受容体5-HT1Bと5-HT1Dです。受容体5-HT1Bに作用する事で拡張している血管を収縮させ、受容体5-HT1Dに作用する事で血管拡張物質の放出を抑えさせる事により症状を改善させます。

リザクトの服用方法

リザクトには5mgと10mgの2種類があります。通常は1回の服用を10mgとして水と共に服用します(口腔内崩壊錠の場合は水無しでも大丈夫です)。10mgでは効果が強すぎると感じた場合は5mgに替えてみる事をオススメします。

10mgを服用したものの効果が不十分だと感じた場合は追加で10mgをもう1錠追加する事が可能ですが、1日あたりの総服用量は20mgまでとされています。また、もう1錠追加する場合は、最初に服用したタイミングから2時間以上間を空けて下さい。

注意事項

・予防薬するための薬ではないので、頭痛の症状が出てから直ぐに服用するようにして下さい。
・服用すると眠くなる事があるので、車の運転や危険を伴う機械の操作は避けて下さい。
・効果がない場合は片頭痛ではない可能性があります。医師に相談して頭痛のタイプを再確認して下さい。
・血管収縮作用があるので循環器系を患っている方は注意して下さい。
・エルゴタミン製剤との併用はできません。同じ系統のトリプタン系薬剤と併用する場合は24時間以上時間を空けて下さい。
またプロプラノロール(インデラル)を服用されている方も併用できません。

リザクトの副作用

主な副作用の症状として
・吐き気、嘔吐
・発疹、じん麻疹
・一過性の血圧上昇
・動悸
・喉や胸のつかえ、圧迫感
・肩こり、体の痛み
・めまい、フワフワ感
・眠気、倦怠感

その他まれに起こる重篤な副作用としては
・痙攣
・心臓の異常(胸が痛い、違和感、動悸、不整脈)
・アナフィラキシーショック
(息苦しい、顔面蒼白、手足の痺れ、めまい、血圧低下、意識混濁)

上記のような症状が見られた場合は速やかに医師の診断を受けて下さい。

リザクトの通販価格

マクサルトは先発医薬品のため開発までに多額の費用がかかっており、販売価格がどうしても高くなってしまいますが、後から開発された後発医薬品(ジェネリック)のリザクトはすでに開発された薬を製造しているので開発費用が安く済むため安価な価格で手に入れる事ができます。

マクサルトの薬価は1錠あたり約1000円、保険適用金額を考えても1錠約300円ほどしますが、リザクトだと1錠約200円で購入する事が可能です。リザクトなら個人輸入を利用すれば国内の通販サイトで買い物をするように手に入れる事ができるので、診察料や処方箋料もかかりません。
この機会に片頭痛撃退薬リザクトを通販で手に入れてみてはいかがでしょうか。


TOP