マクサルトで片頭痛対策

効果のメカニズム

頭蓋内動脈が拡張したときに片頭痛が発生すると考えられていますが、マクサルトやリザクトの有効成分であるリザトリプタンは、その頭蓋内動脈を選択的に収縮させる作用と、三叉神経の抹消と中枢抑制性セロトニン受容体に働き、更にそれぞれのペプチドの放出を防ぎ、血管の拡張・硬膜炎症・中枢性疼痛の伝達をブロックすると考えられています。
この3つの作用で、片頭痛を軽減、改善するといったお薬の効果が得られています。

注意点

服用方法

マクサルトの販売元エーザイ株式会社の薬添付文書では、下記となっており、リザクトもそれに準じます。
1回10mgを、予防的にではなく、頭痛を感じた時に内服投与します。
それでも痛みが引かないときには、追加で内服しますが、2時間は感覚をあけて服用して下さい。
また、一日の最大投与量は20mg以内として下さい。
これらは必ず遵守する必要があり、更には、ジェネリック薬品のリザクトを個人輸入して使用する場合は、医師より片頭痛と診断を受けた場合に限った方が安全と考えられます。自己診断ほど危険なものはありません。

注意点

虚血性心疾患や、WPW症候群、肝臓病、テンカンや痙攣を起こしやすい疾患、脳血管障害の疑い、高血圧症の疾患の既往や、危険性をもつ方は、慎重な投与が必要とされています。
禁忌:孤発性片麻痺性、脳底型、眼筋麻痺性、家族性片麻痺性片頭痛には禁忌薬となっています。

効果

NSAIDsなどの抗炎症薬とは異なり、予防としての作用はありません。つまりは、頭痛が発現してから服用することで頭痛に効果を発揮するお薬です。また、緊張型頭痛には効果がないことが証明されています。

副作用

効果にはばらつきがあり、すぐに改善される方もいれば、嘔気や眠気だけを感じ、痛みには効果が出ないということもあります。
セロトニン受容体の作用があり、セロトニンの濃度が高くなり、セロトニン症候群というものを起こすと、嘔吐や眩暈、異なる機序の頭痛があり、自律神経にも作用するため、異常な発汗や、発熱、ほてり、下痢といった症状が出ることもまれにあります。
片頭痛に限った事ではありませんが、お薬の服用をしないでも治療ができるのであれば、それに越した事はなく治療とまでは言えないまでも、緩和や予防といった方法はいくつか存在しています。

TOP