マクサルトで片頭痛対策

ロキソニンの効果とは

頸を傾げる女性

頭全体が締め付けられるように痛んだり、脈を打つようにズキンスキンと痛み出す頭痛。これから大事な用がある時や、楽しい時間を過ごしている時に頭痛が起こるととても嫌ですよね。すぐにでも直って欲しいと思う方は沢山いると思います。その場をやり過ごすためにも手軽に購入する事ができる市販の薬を利用する方も多いのではないでしょうか。

頭痛に関する市販薬というと真っ先にロキソニンを思い浮かべる方も多いと思います。ロキソニンは発熱や痛みなどの炎症を和らげる効果のある解熱鎮痛消炎剤で、頭痛、生理痛、腰痛、肩こり、喉の痛み、歯痛、風邪(インフルエンザ)など7つの症状に効果があるとされています。更に変形性関節症、腰関節リウマチなどの消炎・鎮痛、外傷後や手術後などの鎮痛消炎にも使用する事ができます。

元々は医療用医薬品として使われており、医師の処方箋がなければ購入する事ができない薬でした。しかし2011年、医療用から市販で販売できる薬となり、薬剤師がいる所であれば薬局やドラッグストアなどで購入できるようになりました。

これだけたくさんの症状に効果があるなら頭痛にも良く効きそうですが、残念ながらロキソニンは頭痛の種類によっては効果がありません。頭痛持ちの方で、頭痛の症状が出たからロキソニンを飲んだのに思ったほど効かなかったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。

頭痛にもいくつかの種類があり、大きく分けると筋肉の緊張によって起こる頭痛と脳内の血管が拡張する事で起こる頭痛の2つに分類する事ができます。筋肉の緊張によって起こる頭痛を緊張型頭痛と言い、脳内の血管が拡張する事で起こる頭痛を片頭痛と言いますが、ロキソニンは緊張型頭痛には効果がありますが、片頭痛には効果がありません。

ここではこんなに幅広い症状に効果のあるロキソニンがなぜ片頭痛には効かないのか、その他の疾患に効果が出るとしたらどのような効果の出方をするのか詳しく解説します。

ロキソニンの効果時間

効果時間

ロキソニンはロキソプロフェンナトリウムとも呼ばれ、発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンという物質が体内で作られるのを抑える働きがあり、その働きによって発熱や炎症を抑える事ができます。

このようなタイプの薬は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と言われ、ロキソニン以外にもたくさんの種類があり、色々な痛みを抑えるために使われていますが、特にこのロキソプロフェンは効きが良く、投与されて体内に入り、そこで代謝される事で効果の現れるプロドラッグ製法により、胃腸などへの負担があまりなく、安全性も高いため普及している非ステロイド抗炎症薬です。

幅広い症状に使用されるロキソニンですが、服用した場合に効果が現れるのはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。
個人差がありますが、手術後や外傷後疼痛に対してロキソニンを使用した場合その鎮痛効果は15分以内だと20%、30分以内では54%の人に認められたと報告されています。
この事からロキソニンを使用した人は2割の人が15分以内に効果を感じ、さらに30分では半分の人たちが効果を感じるという事になります。

また医師の指示がないとできませんが、抜歯後の疼痛に対して2錠のロキソニンを服用した場合はさらに早い効き目を実感する事ができ、15分以内で52%、30分以内では84%の人に効果が現れ、とても即効性に優れている事が分かります。

効き目が現れるのが早いのは分かりましたが、効果の持続時間はどうでしょうか。製薬メーカー公式ホームページによると抜歯や小手術後にロキソニンを服用した場合、痛みが再発したのが平均7時間後、口腔外科小手術患者の術後疼痛の場合は服用してから5~6時間後に痛みが再発したと報告されているので、平均持続時間が約7時間、痛みが強い場合は5~6時間効果が続くのが分かります。

血中濃度とは体内に入った薬の成分の濃度がどのくらいなのかを表す数値ですが、ロキソニンは血中濃度で見ると服用後0.79時間が最も高くなり、その濃度が半分まで下がるのが服用してから1.31時間となります。これは服用してから一番効果が出るのが0.79時間後、その後効果が半減していくのが1.31時間後という事になります。ロキソニンは1日3回服用する事が可能ですが、それは半減期が短いために体内に薬の成分が蓄積されにくいからです。

ロキソニンの頭痛に対する効果

頭痛の女性

幅広い症状に効くロキソニンですが、頭痛に対してはどのように効くのでしょうか。残念ながらどの頭痛にも効果があるわけではなく、頭痛の種類によっては効果が無い場合があります。

頭痛と一口に言ってもいくつか種類があり、その中でも大きく分けて2種類に分類する事ができます。1つは首、肩などの体の筋肉が緊張し血管が縮まってしまう事で起こる緊張型頭痛、もう1つは脳の中の血管が拡張し、脳の中の一番大きな三叉神経を圧迫する事で痛みが起こる片頭痛です。

緊張型頭痛は頭全体をはちまきのような物で締め付けているかのような鈍い痛みが起こる頭痛で、痛みは短くて30分、長い場合は7日間続きます。日本人の頭痛持ちの方の中で一番多いのがこの緊張型頭痛で、痛み以外にも体がフワフワと浮いたようなめまい感を伴う場合もあります。

首や肩の筋肉が緊張すると体内でプロスタグランジンという様々な体内組織や器官に存在してホルモンに似た働きをする痛みの原因物質が分泌されます。プロスタグランジンは、体に傷を受けた時などのように何らかの刺激がもたらされた時に酵素の作用によって「アラキドン酸」という物質を元に作られます。作られたプロスタグランジン自体には痛みを起こさせる作用はありませんが、痛みを感じ易くさせ、より痛みを際立たせる作用があります。

ロキソニンにはこのプロスタグランジンが体内で作られるのを押さえる働きがあるため、緊張型頭痛の原因物質の体内での生成を抑える事ができる事から緊張型頭痛によく効くという事になります。

緊張型頭痛に対して、片頭痛は精神的、身体的なストレスが要因で脳の中の血管が拡張する事で脳の中の一番大きな神経である「三叉神経」を圧迫する事で痛みが発生します。

片頭痛の原因物質である神経ペプチドには同じ神経伝達物質であるセロトニンが作用しており、特に脳の血管内に多く分布しているセロトニン受容体の5-HT1B受容体と5-HT1Dが脳の血管の拡張と収縮に深く関わっています。そのため片頭痛を改善するにはこのセロトニンの作用に影響を及ぼさなくてはなりませんが、残念ながらロキソニンはプロスタグランジンに対する作用はありますが、セロトニンに対する作用はないので片頭痛にはあまり効果が無いという事になります。

片頭痛にはマクサルト

※片頭痛によく効く薬の解説ページ

ロキソニンの腹痛に対する効果

腹痛の女性

ありとあらゆる痛みに効果のあるロキソニン。急にお腹が痛くなった時にも利用する方も多いと思いますが、腹痛の際に利用しても問題ないのでしょうか。

日頃生活をしていて感じる腹痛は大きく3つに分ける事ができます。1つは炎症や怪我による症状で、ズキズキと痛みます。2つ目は胃腸の動きに問題が生じているため、キューっと締め付けるような痛みが走ります。3つ目は胃の粘膜が荒れている事から痛みがくる腹痛で、キリキリと痛みます。

ズキズキと痛む腹痛

炎症や怪我が原因でおこるズキズキとした痛みが伴う腹痛はロキソニンのような解熱鎮痛薬が合っています。一般的には鈍い腹痛やズキズキとする腹痛が当てはまります。

しかしまれに虫垂炎の場合もあるので、痛みがなかなか引かなくて長く続くようなら1度医療機関の受診をオススメします。

キューっと締め付ける腹痛

胃腸が痙攣を起こした場合、内臓が動いたり、内圧が変わったりする事で痛みを感じる事があります。お腹がゴロゴロしたり、お腹全体が締め付けられるような痛みも該当します。お腹が冷えてしまって痛む場合も該当します。

この種類の痛みにはロキソニンのような解熱鎮痛剤はあまり効きません。胃腸の痙攣を抑える効果のある「ブスコパン(ブチルスコポラミン)」の方が治ります。

キリキリと痛む腹痛

ストレスで胃が荒れたり、食べ過ぎた場合でも腹痛として感じる事があります。特にお腹が空いている時などにみぞおち辺りがキリキリと痛くなる症状が該当します。

このような胃粘膜の荒れが関係している痛みにはロキソニンを使用してしまうと逆に痛みが酷くなる場合があるので、胃酸を抑える薬である「ガスター(ファモチジン)」が適しています。

生理による下腹部痛

生理による下腹部痛は子宮平滑筋が収縮する事で起こる痛みです。妊娠する事の無かった女性の体は、使わなかった胎盤が剥がれ落ち、それが経血となって排出されるために収縮が起こりますが、この収縮を起こしているのがプロスタグランジンです。

ロキソニンはプロスタグランジンが体内で作られるのを押さえる働きがあるので、生理による下腹部痛にはとても効果があるという事になります。プロスタグランジンには胃を守る作用があるので、ロキソニンが体内で作られるのを抑えてしまう事により胃を守る作用が下がってしまい、胃の粘膜が荒れために起こる腹痛の時にロキソニンを服用するとかえって逆の効果が現れてしまいます。

ロキソニンを使って腹痛を和らげたい時は、どのタイプの腹痛なのかよく見極めて服用するようにして下さい。

ロキソニンの喉に対する効果

喉が痛い女性

風邪を引いてしまったので、喉に痛みが走るから鎮痛剤のロキソニンを飲んだけど思ったより効果が無かったという経験はないでしょうか。風邪に効くはずのロキソニンがなぜ喉の痛みに効果がないのでしょうか。

喉の痛みへの効果

喉が痛くてロキソニンを飲んだ場合、その痛みが炎症によるものであればロキソニンを飲む事で痛みが緩和されます。体内に炎症がある場合はプロスタグランジンという物質が放出されるため、その成分を抑える働きをもつロキソニンが作用する事で症状が改善されるからです。

喉が痛くなる場合はたいてい風邪ウイルスによるものだとされていますが、ここで気をつけなければいけない事は、ロキソニンは炎症を抑えてはくれるけど、風邪ウイルスそのものを退治してくれるわけではないという事です。ロキソニンを飲むタイミングによっては喉の痛みに効果が無い場合があります。

ロキソニンを飲むタイミング

喉が痛いからといってまだ熱が出ていない状態や、熱があってもちょっとした微熱程度で服用してしまうと、せっかくこれから体が発熱する事で熱に弱い風邪ウイルスをやっつけようとしていたのに無理に風邪を押さえ込んでしまった事になり、喉の痛みは抑えられているけど風邪ウイルスは体内で元気なままという状態になり、薬の効果が切れた頃にまた喉の痛みがぶり返す事になります。

ロキソニンを服用する場合は下記のタイミングで使う事をオススメします。
・38度以上の高熱時に解熱目的のため
・熱は高くないがあまりに喉が痛い時

あまりに喉が痛い場合は熱が無くてもロキソニンを服用しても良いですが、根本原因はたいてい風邪ウイルスです。
喉の痛みだけを改善しても体内にいる風邪ウイルスは元気なままなのでロキソニンの効果が切れた頃にまた喉の痛みがぶり返します。風邪ウイルスは自分の体の免疫力を使って倒すしかないのでロキソニンはあくまでも発熱や痛みに対しての対処療法という事を念頭に置いて使ってください。

ロキソニンを3~5日ほど服用しても喉の痛みが改善しない場合は風邪ではなく細菌やアレルギーが原因の可能性があります。その場合は別の対処法を考えなくてはならないので、早めの医療機関の受診をオススメします。

ロキソニンの風邪と解熱に対する効果

風邪で寝込んでいる女性

ロキソニンは痛み止めとして知られていますが、風邪を引いたときにも処方される薬ですね。なぜ痛み止めが風邪にも効くのでしょうか。

ロキソニンの有効主成分はロキソプロフェンナトリウム水和物で、体内で痛みや炎症が起きている時の原因となる物質プロスタグランジンの発生を抑える効果があります。

風邪をひいた場合、体内でどのような反応がおきるかというと体内に入り込んできた風邪ウイルスを白血球やマクロファージなどの免疫活性食細胞が取り込みます。取り込んでウイルスとの戦いが始まると、免疫活性食細胞の働きにより「サイトカイン(内因性発熱物質)」という物質が作られます。

サイトカインは体内の血流に乗り、脳に到着します。しかし目的地の脳の中の視床下部に行きたくても途中に血液脳関門というゲートがあり通してもらえません。そこでサイトカインは「メディエタ」と呼ばれる情報伝達物質プロスタグランジンの産生を促します。そのプロスタグランジンは情報を持って視床下部へ向かいます。

プロスタグランジンから情報を受け取った視床下部の体温調節中枢は、体の各部分に体温を上昇させるようにという指令を出します。この命令に従って皮膚の血管が収縮したり、汗腺を閉じたりするなどして体の熱の放出を抑え、筋肉を震えさせて熱の生産を促します。また痛みをさらに痛いと感じさせる作用もあります。

プロスタグランジンが生成される時はシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素が深く関わっています。このシクロオキシゲナーゼがアラキドン酸に作用するとプロスタグランジンが産生されるので、プロスタグランジンの発生を抑える事ができるロキソニンは痛みも発熱も抑える事ができるというわけです。

インフルエンザに効果はない?

風邪をひいた時の炎症や発熱にも効果のあるロキソニンですが、インフルエンザには効果があるのでしょうか。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症の事を言います。毎年11~12月頃に流行りはじめ、1~3月になるとピークを迎えます。感染した人の咳やくしゃみの中にいるウイルスを健康な人が口や鼻から吸い込み、それが粘膜に接触する事で感染します。

ロキソニンは体内で生成される痛や発熱物質であるプロスタグランジンの発生を抑える薬なので、インフルエンザの菌そのものには効果がありません。しかし炎症や熱そのものには効果があるため、大人には処方される事がありますが子供に処方される事はありません。

15歳未満の子供がインフルエンザにかかった場合はボルタレン(ジクロフェナク)、アスピリン(アセチルサリチル酸)、ポンタール(メフェナム酸)の成分の入った解熱剤は使用を禁止されています。脳症(髄膜の炎症によって嘔吐、悪寒、高熱、激しい頭痛、けいれんや意識障害が起こる)やライ症(嘔吐、発熱、けいれん、下痢、意識障害が起こる)を引き起こす可能性があるからです。ロキソニンも同様で、15歳未満の子供へインフルエンザの時に使用するとインフルエンザ脳炎を起こす可能性があるとされています。

そもそもロキソニンは15歳未満への子供への安全性が認められていないため、使用してはいけない薬なので、インフルエンザ以外の発熱の時でも大人用を半分に割って与えるなどのような事をしないように注意して下さい。

インフルエンザに感染した場合は大人も子供も速やかに医療機関を受診し、インフルエンザ治療薬を処方してもらいましょう。

ロキソニンの炎症と肩こりに対する効果

肩が痛い女性

いろんな痛みに効果のあるロキソニンですが、体の各部位の炎症や肩こりには効果があるのでしょうか。

怪我をした時や細菌に感染してしまった場合に体内に炎症という症状が現れます。この炎症は体の免疫機能による正常な反応です。しかしこの炎症が過剰になってしまうと自分の体の組織まで破壊し、痛みがおこります。炎症が起こっている部位では痛み物質としてプロスタグランジンが放出されます。

肩こりは主に筋肉の血行が悪くなる事で引き起こされます。ずっと同じ姿勢をとり続けたり、無理な体勢を取る事で筋肉の中の血管が圧迫されて血行が悪くなります。
また人間の重い頭や腕を支えるために肩は常に緊張した状態ににあります。筋肉が収縮するために必要な物質が血液中にある酸素とブドウ糖です。筋肉が緊張する事で血液の流れが悪くなるとうっ血し筋肉に十分な酸素が送られなくなり、ブドウ糖が不完全燃焼を起こします。その燃えカスが乳酸と呼ばれるものです。

こうしてできた乳酸などの老廃物は血流の流れが良くないと筋肉の中に蓄積します。そうすると痛みの原因物質であるプロスタグランジンが生成され、筋肉の中の痛みの神経を刺激し、痛みやコリを引き起こします。

炎症も肩こりも痛み物質のプロスタグランジンが関係しています。ここでロキソニンの登場です。ロキソニンはプロスタグランジンが産生されるのを抑える働きのある薬です。炎症も肩こりもロキソニンを服用する事で改善する事ができます。

ここで1つ注意しなくてはいけない事があります。ロキソニンは炎症と肩こりの痛みそのものを改善してくれますが、細菌を殺したり血流の悪さを良くしてくれるけではありません。

ロキソニンの成分が効いている間は痛みがなくなりますが、効果が切れると再び痛みがぶり返す事になります。一過性の痛みであればロキソニンを服用する事で痛みが改善されますが、ロキソニンを服用しても腫れが引かなかったり、痛みが改善しない場合は医療機関の受診をオススメします。

ロキソニンの副作用

吐きそうな女性

炎症や発熱、頭痛、腰痛など幅広い症状に使う事のできるロキソニンですが、副作用はどのようなものがあるのでしょうか。

ロキソニンは体内で生成される痛みの元となる物質プロスタグランジンを抑制する働きがあるため、体内のあらゆる炎症や痛み、発熱に効果を及ぼす事ができます。

しかしこのプロスタグランジンには胃の粘膜の血流をよくしたり、細胞を修復したりする胃粘液分泌促進作用があるため、ロキソニンのような薬でプロスタグランジンの産生を抑制した場合は胃の粘膜の保護作用がなくなってしまいます。そのためプロスタグランジンが作られなくなってしまうと胃粘液の合成力が弱くなるため胃酸の攻撃に耐えられなくなり胃が荒れてしまうという事になります。

そのために病院などでロキソニンが処方される場合は空腹で飲まないようにと指導され、ロキソニンと一緒に胃薬が処方されるのが一般的です。ロキソニンを服用する事で胃への副作用が重症化する事はあまりありませんが、元々胃腸が弱い方や、高齢の方、長期の服用になる方は気をつけて下さい。

その他主な副作用として腹痛、悪心、食欲不振、嘔吐、みぞおちの痛み、むくみ、蕁麻疹、発熱、眠気、肝臓や腎臓の働きの低下などが報告されています。ロキソニンを服用する事でこのような症状が現れた場合は医師や薬剤師に相談して下さい。

また、まれに重い症状として下記のような状態になる事があります。

・消化管潰瘍による出血、閉塞、穿孔、狭窄

激しい腹痛や痛みが続く腹痛、吐き気、嘔吐、血便、吐血、便秘、お腹の張り

・重い腎臓の症状

尿が少ない、もしくは出ない、尿が泡立っている、濁っている、血尿、むくみやだるさ、吐き気、発疹、発熱、腰痛、側腹部痛

・重い肝臓の症状

食欲不振、発疹、発熱、吐き気、だるい、かゆみ、茶褐色の尿、黄色い皮膚や白目

・重い血液系の異常

喉の痛み、発熱、だるい、口内炎、鼻血、皮下出血、歯肉出血

・重い粘膜、皮膚障害

発赤、発疹、膿、水ぶくれ、かゆみ、皮がむける、皮膚が熱く感じたり痛い、口内や唇のただれ、発熱、喉の痛み、目の充血、全身倦怠感

・喘息の発作の誘発

呼吸しにくい、息切れする、咳き込む、息をするたびにヒューヒューと音が出る

・心不全

息切れする、息苦しい、胸が苦しい、疲れ易い、むくみ、動悸、急激な体重の増加

・ショック症状、アナフィラキシー様症状

冷や汗、手足の冷えやしびれ、顔面蒼白、気分が悪い、蕁麻疹、顔や喉の腫れ、全身発赤、息苦しい、血圧低下、めまい、意識喪失

・無菌性髄膜炎

頭痛、発熱、吐き気、意識喪失、首の硬直

・横紋筋融解症

筋肉痛、手足のしびれや痙攣、体に力が入らない、歩行困難、茶色っぽい尿

上記のような症状が疑われる場合は速やかに医療機関で受診して下さい。

副作用が軽い場合、または夜間や休日で主治医などに相談できない場合はネットや電話を利用した相談窓口を利用する手段もあります。

医薬品医療機器総合機構

※月~金 9時~17時 電話による薬相談受け付

お薬相談Q&A

※一般的な薬に関する回答集

ロキソニンの服用方法

腰が痛い、肩が痛い、急に歯が痛み出したなど実際に体に痛みが出た場合にロキソニンはどのような基準で服用したしたらよいのでしょうか。

・変形性関節症、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、関節リウマチ、歯痛、腰痛症、手術の後や外傷、抜歯の消炎、鎮痛に使用する場合は1回につき60mgを1日3回服用します。

・生理痛、頭痛、風邪などは頓服(痛みや症状が出た時だけに服用する方法)での使用となるので原則としては1日2回までの服用で、最大摂取量は180mgとします。

頓服の指示があった場合は症状が酷い時に服用し、症状が改善したら服用を中止して大丈夫です。リウマチのような慢性的な疾患に対して処方された場合は継続して服用しても良いですが、頓服の使用を目的として処方された場合は長期にわたって服用するのはあまり好ましくありません。

腰痛や肩こり、外傷などで痛み止めとしてロキソニンを服用している場合は症状が改善しているのにもかかわらず初めに処方された量をなんとなく飲み続けたりせず、痛みの度合いによって量を減らしたり服用を止めたりする必要があるのできちんと医者や薬剤師の方に相談して下さい。

ロキソニンは体内で発生する痛みの元となるプロスタグランジンの生成を抑える事で症状を改善させます。プロスタグランジンは胃の粘膜の保護作用もあるためロキソニンを飲む事で胃への負担がかかりやすくなるため、空腹で飲むのは避けたほうが良いです。

基本的には胃への負担を軽くするために食後にコップ1杯の水で飲む事が望ましいですが、どうしても空腹の状態で服用しなくてはいけない場合は水ではなく牛乳で服用する事もおすすめです。
本当は何か軽食のような物を摂取する事の方が良いのですが、牛乳はアルカリ性のため酸性である胃酸を中和する働きがあり、胃の粘膜を保護する作用があるので、どうしても空腹の状態で飲まなくてはいけない場合は牛乳で服用すると胃への負担をかなり抑える事ができます。

ロキソニンの購入はコチラ

※リンク先は海外版ロキソニンです

TOP