マクサルトで片頭痛対策

片頭痛にロキソニンは効く?

片頭痛に市販の薬は効く?

頭全体が締め付けられるように痛んだり、脈を打つようにズキンスキンと痛み出す頭痛。これから大事な用がある時や、楽しい時間を過ごしている時に頭痛が起こるととても嫌ですよね。すぐにでも直って欲しいと思う方は沢山いると思います。その場合には市販の薬を飲む方も多いのではないでしょうか。頭痛に関する市販薬というとロキソニンを思い浮かべる方も多いと思いますが、残念ながらロキソニンは頭痛の種類によっては効果がありません。

筋肉が緊張する事で起こる緊張型頭痛にはロキソニンが効きますが、血管が拡張する事で起こる片頭痛には効果がありません。片頭痛にはトリプタン製剤であるマクサルトが良く効きます。ここではなぜ片頭痛にはロキソニンではダメなのかその理由について詳しく解説したいと思います。

片頭痛とロキソニン

錠剤

市販されている痛み止めと聞くとロキソニンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 ロキソニンは風邪、生理痛、頭痛、発熱、歯痛、抜歯後の痛み止めなど大小さまざまな症状の痛みを止めるために広く利用されています。非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤という種類の薬で、基本的には「鎮痛剤」に分類されます。

ロキソニンは炎症を鎮めて腫れ、発赤、痛みなどの症状を抑え解熱作用もあり、炎症や発熱を引き起こしている原因のプロスタグランジンという物質の合成酵素であるシクロオキシゲナーゼを阻害する事により生合成を抑えます。
化学構造的にはプロピオン酸系に分類され、解熱、鎮痛、消炎作用があり、副作用も少なく安全性も高いので幅広く使われていますが、対処療法薬なので熱や痛みの原因自体を治す事はできません。
頭痛がおこった場合にロキソニンを飲んで症状が改善されるのは緊張型頭痛の場合で、脳の血管が拡張して起こる片頭痛や特定の季節に起こる群発頭痛にはあまり効きません。

片頭痛は脳の血管が拡張する事により三叉神経が圧迫され、痛みを感じたり脳が過度のストレスを受ける事により血中にセロトニンが放出されます。その影響で脳の血管が一旦収縮し、その後また拡張する事で痛みを感じたりしますが、ロキソニンはこういった脳血管に対する作用が全くありません。
頭痛が起こった時にロキソニンを飲んでも直らない場合は、薬が足りないからではなくロキソニンでは効果の無い片頭痛だからという事になります。

片頭痛を見分ける特徴としては
・歩いたり階段の昇り降りなどの日常的な行動で症状が悪化する。じっとしていると楽。
・頭痛の症状と共に吐き気やむかつきの症状がある。
・いつもは気にならない光がとてもまぶしく感じる。
・いつもは気にならない匂いがとても不快に感じる。

上記のような物があります。上記のような症状がみられる頭痛の場合は片頭痛の可能性が高いです。もし自分が片頭痛持ちだと分かった場合、どのような薬を飲めば良いのでしょうか。それはトリプタン製剤と呼ばれる種類の薬です。

錠剤

丸い形の薬剤で、どの薬にも見られる形なので慣れ親しんでいる剤形です。水と共に服用します。あまりに吐き気が強い場合は服用できない事があります。

副作用:痛み、圧迫感、悪心、嘔吐、動悸、倦怠感、脱力感

点鼻薬

鼻に直接液体を付けるタイプの薬なので吐き気が酷く薬を飲んでも吐いてしまう場合にも使用可能です。

副作用:痛み、圧迫感、悪心、嘔吐、めまい、眠気、倦怠感、脱力感、鼻の刺激感など、喉の不快感など

注射薬

即効性があり確実に効果を得る事ができますが、症状が出た際に医療機関でしてもらうか、自己注射キットを使用する場合は事前に医療機関での指導があり、キット料や指導料がかかります。

副作用:痛み、圧迫感、悪心、嘔吐、眠気、倦怠感、脱力感

上記の薬の一番の違いは、有効成分が血中に入るスピードです。一番早いのが「注射薬」で、順に「点鼻薬」、「錠剤・口腔内崩壊錠」となっています。

薬との付き合い方

薬物乱用頭痛

片頭痛にとても有効なトリプタン製剤ですが、頭痛がするたびに毎日のように服用するとかえって症状が悪化してしまう事があります。日本頭痛学会によれば「頭痛が1ヵ月に15日以上発症している」「3ヵ月以上、月に10回以上トリプタン製剤を使用している」この2つの条件を満たしている場合は「薬物乱用頭痛」に当てはまるとされています。

酷くつらい頭痛を経験してしまうと頭痛の発作が起こることへの不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになってしまい、飲む量や回数が徐々に増えていってしまいます。そうすると次第に脳が痛みに敏感になってしまい頭痛の回数が増え、薬も効きにくくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

1ヵ月10日以内という頭痛薬の服用回数を守る、市販の鎮痛薬を予防的に飲まない、主成分が単一の鎮痛剤を選ぶようにするなどを心がけましょう。また自分の頭痛がどのようなタイプの頭痛なのか、何が原因となって発作が起こるのかを把握する事も大事です。頭痛ダイアリーをつけ自分の症状や対処法を記録しておくのもオススメです。

適切な用法で使用すればとても片頭痛に効果を発揮してくれるトリプタン製剤。中でもマクサルトが有名で代表的な薬です。水で服用するタイプの錠剤で持ち運びにも便利なので、発作がおこったらすぐに服用する事ができます。しかしマクサルトは処方箋を出してもらわないと購入できない要指示薬なので医療機関でしか購入できません。病院に行く時間も無い場合は不便を感じます。

そこで個人輸入代行サイトを利用してみてはいかがでしょうか。マクサルトのジェネリック医薬品であるリザクトなら購入できるのでマクサルトよりも安く手に入り、同じような効果を得る事ができます。この機会に片頭痛撃退薬リザクトを手に入れてみませんか。きっと良きパートナーになってくれるはずです。

TOP