マクサルトで片頭痛対策

片頭痛に効くストレッチやツボ

ここではだれでも簡単に出来る片頭痛に効くストレッチやツボをお伝えしていきたいと思います。
筋肉が緊張した状態を解消する為に重要なポイントは3つです。

・温める
・押す
・のばす

この3つです。

温める方法

血行を良くすることで血管を拡げることで筋肉が弛緩されます。

・レンジでチン

準備するもの…タオルとレンジ
十分に水を含ませたタオルを用意します。
これを電子レンジでチンするだけでホットタオルが完成します。
500Wで60秒くらい経てばOKです。
そのままレンジに入れてもラップに包んでチンしてもOK。
このホットタオルを頭痛に効く場所である「風池(フウチ)」に当てます。
座った状態でも寝転んだ状態でも良いです。
かなり気持ち良いはずですよ。
※片頭痛は血管の拡張が原因になっているのでホットタオルは逆効果です。
片頭痛にはアイスタオルを用いる様にしてください。

押す方法

押す方法

指で風池を押しても良く、眼精疲労にも効果あり。
結構、強めに押してOKです。
削ぎ落とすイメージで押してあげて下さい。
他にも完骨や天柱といったツボを押すのも効果的です。
片頭痛に効くツボはコメカミにもあるので、少し格好悪いですが…ハチマキを巻いて頭を縛ってあげると痛みを和らげる事が出来ます。
または、「百会」というつむじの手前に有るツボも効果的です。
百会は「多くの血液が出会う場所」と言われています。

伸ばす方法

ストレッチをゆーっくり長くやるのがコツです。

①まず首筋を伸ばし、次に両手で頭を抱えて前に倒していきます。
②背筋を伸ばし、次に親指を使ってアゴをゆっくりと持ち上げていきます。
③片手を頭の上にのせ、次に使っている手の方向に横に頭を傾けていき、反対方向にも行います。

※横に傾けた時に反対側の肩が浮いてしまうと効果が半減するので肩は並行に保って下さい。
片頭痛や緊張型頭痛などを市販の頭痛薬で痛みを和らげている方も多いとは思いますが、月に10日以上の服用を行っている場合には「薬物乱用頭痛」に陥ってしまう事もあります。
かえって頭痛が続く様になるので、ツボ押しやストレッチを行うのが良いです。
少しやるだけでも全然違うので市販薬に頼るのでは無く、上記で紹介した方法を取り入れてみて下さい。
症状がひどいのであれば、病院に受診して医師から鎮痛剤の処方を受ける様にしてください。

TOP