片頭痛の症状でもある吐き気や肩こりは何故起こるのか。
血管の膨張による三叉神経への圧迫が原因でもあります。

片頭痛(偏頭痛)の症状

片頭痛(偏頭痛)の症状

頭がはちまきか何かでぎゅっと締め付けるような痛さに襲われたり、ドクンドクンと脈を打つたびに痛む頭痛。日本人の4人に1人が頭痛を感じるそうです。病気ではないけど頭が痛いという症状は大きく2種類に分ける事ができ、それが緊張型頭痛と片頭痛です。

緊張型頭痛とは脳の血管が収縮する事で血液の循環が悪くなった場合、脳が危険を感じて血液をもっと脳に送るように指令を出しますが、その時に現れる現象が頭痛です。特に脳へ血液を送るルートとなる肩や首の筋肉に緊張が現れる事で頭痛が引き起こされる事がわかっています。頭全体を紐か何かで締め付けるような痛みに襲われます。

片頭痛とは血管が縮まる事で症状の出る緊張型頭痛とは逆に、血管が広がる時に痛みが出る事で、こめかみ辺りがズキンズキンと脈を打つたびに痛みが走ります。何らかの原因で拡張した血管は神経で一番大きな「三叉神経」を刺激し、その三叉神経から痛みの原因物質神経ペプチドが放出される事で血管の周りに炎症がおこり、炎症が起こる事でさらに血管が広がり三叉神経が刺激されそれが大脳へ伝わり痛みとして認識される事で頭痛の症状が現れます。

血管が広がる原因の1つとして血小板から放出されるセロトニンが関わっています。。ストレスなどで脳が刺激されるとセロトニンが沢山放出されて、一旦脳の血管が縮小します。しかし時間が経つにつれ大量にあったセロトニンが分解や排泄される事で体内から減少していきます。そうするとセロトニンの影響で収縮していた血管が今度は逆に広がるため痛みが発生します。

緊張型頭痛と比べて症状の出ている期間が長く、重いという特性があります。

痛みで吐き気を伴ったり嘔吐する事もあり、症状が出る前に前兆として目の前がチカチカしたり視野の一部が欠けたりする閃輝暗転という症状が出る場合もあります。

原因とは

片頭痛(偏頭痛)の原因

片頭痛の症状の70~80%には症状を引き起こすと思われる根本的な問題があるので、それを特定する事ができれば改善する事が可能です。根本的な問題として考えられる事は色々ありますが、ここでは主な原因を紹介します。

精神的なもの

精神的なものが原因でおこる場合に考えられる原因として

・精神的なストレス
・睡眠不足や睡眠の取りすぎなど睡眠バランスの崩れ
・過度な疲労
・生理などの影響によるホルモンバランスの変化

不安や焦り、緊張などストレスを精神的に受け続ける状況が続くと片頭痛の症状が出やすくなってしまいます。適度なストレスは体にそう大きな影響を及ぼしませんが、ストレスを受けた体は緊張状態になるので、過剰なストレスを受け続け、緊張状態が長引くと徐々に心身に悪い影響が出てきます。

睡眠不足や睡眠の取りすぎ、過度な疲労も片頭痛の元となります。女性だと女性ホルモンの1つ「エストロゲン」の分泌量の変化が片頭痛の発生と深く関わっているので、月経や排卵日の前後に症状が出たりします。

環境の影響

ある条件の環境下に置かれると症状が出ます。

・気圧や天候の変化
・温度の変化
・強い光
・騒音
・臭い

温度や光、臭いなどは自分の部屋であればある程度調整する事が可能なので、自分にとって最適な環境を作ればある程度は症状を抑える事が可能です。しかし天気や気圧などの環境の変化は自分1人の力ではどうする事もできないのでその場合は薬の力を借りるという手段も考慮に入れます。

頭痛に効く痛み止めというと、通常は鎮痛剤であるロキソニンを連想する方も多いと思いますが、残念ながら片頭痛にはロキソニンは効きません。何故かと言うと、片頭痛は脳の血管が拡張し三叉神経を刺激する事で症状の出る頭痛ですが、ロキソニンには片頭痛の原因である脳内の血管を収縮させる効果は無いからです。

どのような薬なら片頭痛に効果があるのでしょうか。それはトリプタン系薬剤のマクサルトという薬です。この薬は片頭痛の痛みの原因となっている脳の血管の拡張とその影響を受ける三叉神経の両方に作用するため、片頭痛の症状によく効きます。片頭痛の痛みを改善するための薬を探している方にはこのマクサルトをオススメします。

食べ物や嗜好品の影響

食べ物や嗜好品の中にも片頭痛を誘発するものがあります。

・カフェイン
・チーズ
・ナッツ
・みかん、レモン等の柑橘系
・チョコレート
・喫煙
・アルコール

全ての人が上記の食べ物や嗜好品で症状が出るわけではないので、自分に当てはめてみて、心当たりがあるならその食べ物や嗜好品を避けてみましょう。

アルコールは血管拡張作用を持つポリフェノールが含まれている赤ワインが特に片頭痛の元になりやすいとされています。またチーズやチョコレートにはチラミンという物質が多く含まれているため、この物質が片頭痛の元になりやすいとされています。

その他空腹も片頭痛の原因となる場合があるので、決まった時間に食事を取る生活を意識しましょう。