マクサルトで片頭痛対策

片頭痛(偏頭痛)の原因とは

片頭痛(偏頭痛)の症状

頭の片側、もしくは両側がドクンドクンと脈を打つたびに痛みに襲われる頭痛、それが片頭痛です。痛みの発生する原因としては諸説ありますが、主に脳内の中の血管が拡張する事が原因とされています。

精神的なストレスや身体的なストレスなど、何らかの事が原因で脳の中の血管が拡張し、脳の中にある一番大きな神経である「三叉神経」を圧迫します。圧迫された三叉神経は脳の刺激を伝える物質である「神経ペプチド」を放出します。その神経ペプチドにはセロトニンが作用しており、このセロトニンが片頭痛を発生させる原因物質とも言われています。

なぜセロトニンが片頭痛を発生させる原因物質と言われているのかというと、その影響を及ぼすセロトニン受容体と関係があります。セロトニン受容体には多くの種類があり、その中でも5-HT1B受容体と5-HT1D受容体の二つは脳の血管に深い影響を及ぼします。

5-HT1B受容体は脳内の血管を収縮させる作用、5-HT1D受容体は脳内の血管を拡張させる物資の放出を抑える作用があり、セロトニンがこの二つの受容体に作用を及ぼす事で脳内の血管を拡張させる物質が抑制され、血管そのものも収縮させます。
しかし時間の経過と共に脳内の中のセロトニンが代謝され減少していきます。すると今までセロトニンと受容体の影響で収縮していた脳内の血管が再び拡張してしまうため、その拡張によってまた脳内の中の神経が圧迫され、痛みが発生するという訳です。

片頭痛の症状

片頭痛(偏頭痛)の原因

頭の片方、もしくは両側のこめかみから目の辺りが、脈を打つたびにズキンズキンと痛みます。1度症状が出るとピークの1~2時間を含めて4~5時間は症状が続き、最大で3日間続きます。頭痛の痛みに伴って随伴症状である吐き気や嘔吐、普段は気にならない光や音、臭いが不快に感じる現象がおきます。動くと痛みが更に悪化するため、対処法として痛みが引くまでは光や音が気にならない暗い部屋で静かに寝ているという方も多いようです。

痛みが治まるとそれまでの痛みやつらい症状が嘘のように消えてしまうため、病院へは行かず市販の鎮痛剤でやり過ごしてしまいがちです。

片頭痛の前兆

前兆画像

片頭痛には痛みが起こる直前に前兆が現れないタイプと、現れるタイプに分ける事ができます。

前兆が現れないタイプ

下記の条件を満たす発作が過去に5回以上ある。
・頭痛の発作が4~72時間続く
(治療を受けていない、または治療を受けても効果がない場合)

・次のうち、少なくとも2項目を満たしている
片側性頭痛
拍動性頭痛
中等度~重度の痛み
階段の昇り下りや歩いたりするなどの日常行う動作により痛みが強くなる。

・頭痛の症状が出ている最中、少なくとも次のうち1項目を満している。
吐き気、嘔吐のどちらか、もしくは両方
光や音に過敏に反応する

・頭痛以外の原因となる病気がほかにない。

前兆が現れるタイプ

下記の条件を満たす発作が過去に2回以上ある。
・次の項目のうち、少なくても1項目を満たす発作が過去にあった。ただし運動麻痺の症状は出ない。
1.一部目の前が見えなくなったり、キラキラした点や光が見えるなどの一時的な視覚の症状がある。
2.感覚が鈍くなったり、チクチクする感じを感じる感覚症状がある。
3.完全可逆性(しばらくすると元に戻る)の失語性言語障害

・次の項目のうち少なくとも2項目当てはまる物がある。
1.両目で見えている景色のうち、左右どちらかの同じ側が見えない視覚症状、または片側だけの感覚症状、もしくはその両方。
2.少なくとも1つの前兆が5分以上かけて少しずつ進行、または別の複数の前兆が引き続き5分以上かけて進行する。
3.それぞれの前兆が5分~60分続く。

・前兆のある頭痛が起きている最中、もしくは前兆後60分以内に、【前兆が現れないタイプ】の片頭痛が起きる。

・頭痛以外の原因となる病気がほかにない。

前兆が現れるタイプの中でも一番多いのが視界に影響が出る症状ですが、これを「閃輝暗点」と言います。

閃輝暗点

視界の中にキラキラした光やギザギザの光が現れて目を閉じても見える現象です。視界の一部が欠けて見えなくなる事もあります。この症状は5~40分くらいで視野の中で広がって、徐々に視野の外へと消えていきます。この症状が治まった後に頭が割れてしまいそうな程の激しい片頭痛に襲われる事が多いです。頭痛は3~4時間ほど続き、たいてい強い吐き気や嘔吐を伴います。

閃輝暗点は後頭部にある「視覚野(しかくや)」の血流が何らかの理由で悪くなり、その後改善されて血流が良くなると起こるとされています。片頭痛も脳の中の血管の拡張や収縮に影響されて出る症状なので、同じく視覚野への血流の影響で症状の出る閃輝暗点の症状が片頭痛と連動して現れやすいという訳です。

病院を受診する場合は

閃輝暗点の症状が2回、3回と頻繁に起こるようであれば、病院へ行く事をオススメします。まずは眼科へ行き、眼の異常によるものではないか検査を受けましょう。特に異常が見つからなければ次は神経内科を受診しMRIなどの精密検査を受けて下さい。
特に40代以上の方で閃輝暗点の症状が出たのに、その後頭痛が起こらない場合は脳梗塞や脳腫瘍が原因となっている事があるので心当たりがある場合は早急に病院で診察を受けて下さい。

片頭痛を引き起こす原因

頭痛原因

片頭痛の症状70~80%には症状を引き起こすと思われる根本的な問題があるので、それを特定する事ができれば改善する事ができます。根本的な問題として考えられる事は色々ありますが、ここでは主な原因を紹介します。

精神的・肉体的なもの

精神的・肉体的なものが原因の場合
・精神的なストレス
・睡眠不足や睡眠の取りすぎなど睡眠バランスの崩れ
・過度な疲労
・生理などの影響によるホルモンバランスの変化

不安や焦り、緊張など精神的なストレスを継続的に受け続ける状況が続くと片頭痛の症状が出やすくなってしまいます。適度なストレスは体にそう大きな影響を及ぼしませんが、ストレスを受けた体は緊張状態になるので、過剰なストレスを受け続け緊張状態が長引くと徐々に心身に悪い影響が出てきます。

睡眠不足や睡眠の取りすぎ、過度な疲労も片頭痛の元となります。女性の場合は女性ホルモンの1つ「エストロゲン」の分泌量の変化が片頭痛の原因とされているセロトニンの量の変化と深く関わっているので、月経や排卵日の前後に片頭痛の症状が出たりします。

食べ物の影響

食べ物や嗜好品の中にも片頭痛を誘発するものがあります。
・カフェイン
・チーズ
・ナッツ
・みかん、レモン等の柑橘系
・チョコレート
・喫煙
・アルコール

全ての人が上記の食べ物や嗜好品で症状が出るわけではないので、自分に当てはめてみて、心当たりがあるならその食べ物や嗜好品を避けてみましょう。
アルコールの場合は血管拡張作用を持つポリフェノールが含まれている赤ワインが特に片頭痛の元になりやすいとされています。またチーズやチョコレートにはチラミンという物質が多く含まれているため、この物質が片頭痛の元になりやすいとされています。 その他空腹も片頭痛の原因となる場合があるので、決まった時間に食事を取る生活を意識しましょう。

環境の影響

ある特定条件の環境下に置かれると症状が出ます。
・気圧や天候の変化
・温度の変化
・強い光
・騒音
・臭い

温度や光、臭いなどは自分の部屋であればある程度調整する事が可能なので、自分にとって最適な環境を作れば症状を抑える事が期待できます。しかし天気や気圧などの環境の変化は自分1人の力ではどうする事もできないので、その場合は薬の力を借りるという手段も考慮に入れる事をオススメします。

片頭痛と薬

頭痛に効く薬というと通常は鎮痛剤のロキソニンを思い浮かべる方も多いと思いますが、残念ながら片頭痛にロキソニンはあまり効果がありません。片頭痛は脳内の血管が拡張する事が原因で痛みが引き起こされますが、ロキソニンは解熱、鎮痛、消炎作用はあるものの血管の拡張を押さえる効果は無いからです。

片頭痛には血管の拡張を押さえてくれるトリプタン系のマクサルトがとても効果的です。脳内での血管の広がりを押さえる働きをするセロトニンと同じような効果があり、5-HT1B受容体と5-HT1D受容体に働きかける事で血管を収縮させてくれます。
頭痛の症状が起きてから30分以内に服用する事で、45分後には随伴症状も消え、60分後には血中濃度がピークに達し、75分後には頭痛の痛み自体が消失する事が確認されています。

マクサルトは購入の際に処方箋が必要ですが、ジェネリック医薬品のリザクトなら処方箋が無くても個人輸入サイトを通して手軽に購入する事ができます。有効成分もマクサルトと変わらないので同じ効果が期待でき、マクサルトが1錠300円に対しリザクトは1錠200円と良心的な値段で購入する事ができます。

個人輸入サイトといっても色々あり、中にはあまり質の高くない薬を販売している所もありますが、事業暦が長く正規品だけを取り扱っており、薬の成分鑑定書を公開していて安すぎない値段で販売しているサイトは信頼できるサイトです。

この機会に安心できるサイトで片頭痛撃退薬リザクトの購入を検討してみるというのはいかがでしょうか。痛みから開放される生活をサポートしてくれます。

TOP